『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~

中原統一後の秦の始皇帝と華南遠征



広東省潮州市 ~ 人口 270万人、 一人当たり GDP 31,000 元


 ➠➠➠ 潮州市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  潮州府跡(義安県城、海陽県城、潮陽郡城)



【 潮州市の歴史 】

潮州市域には5000年前からの人類の生息が確認されているという。潮州一帯に生息した先住民族は閩族と閩越族とされている。
秦の始皇帝は紀元前214年の嶺南地方の武力平定後、翌紀元前213年、この地方にも郡県制を施行し、ちょうど閩越族らが跋扈した潮州一帯は閩中郡と南海郡龍川郡掲陽戍の二つに分けて管轄されることとなる。この地域での圧倒的多数を占めた閩越民族の存在感を削ぐべく、閩越族の統治区分を分ける必要があったわけである。

その秦朝もすぐに滅亡し、中原が再び戦乱となる中、嶺南地方で南越国が建国される。間もなく、前漢朝の冊封体制に入り、前漢国下の一つの藩国という扱いとされる。前漢王朝は当時、まだまだ強大であった閩越国と南越国の両藩国の力を弱めるべく、両者から一部の領土を割譲し、新たに南海国を建国させる。さらに、前漢王朝は南海国の強大化も抑えるべく、南海国王を東越国の直属下に置き、前漢王朝から直接任命することとする。この南海国の王都であるが、一説によれば現在の潮州市街区ではなかったかと指摘されている。
この南海国は後に閩族と組んで反漢の挙兵を起こすも、南越国により武力平定されることで、この旧領地も南越国の一部に併合され、掲陽県(秦代の掲陽戍城を継承―今の梅州市豊順)と海陽県(県役所は今の潮州市)が新設されるに至る。

前漢王朝時代の紀元前111年、武帝の軍事遠征により南越国も滅亡し、その旧領に9郡が新設される。潮州一帯は、南越国設置の海陽県区としてそのまま継承される。
なお、先の秦朝に続いて、漢王朝の時代でも、中原から漢民族の移民が奨励されて、民族同化が図られていくわけであるが、実際は遅々として進まず、主に移住に応じた住民らも閩南地方の莆田(福建省)出身者に偏っていたとされる。唐朝以後、特に五大十国時代の戦乱期に、混乱を避けた漢民族の移民が激増し、この地方の民族比率が大きく変わっていくこととなる。

前漢王朝から権力を簒奪した王莽により新朝(紀元8~23年)が建国されると、海陽県と掲陽県が合併されて南海亭となり、その亭役所は海陽県城(今の潮州)に開設される。
新朝が滅び、後漢王朝が再建されると、南海亭は掲陽県へ再改名される(海陽県は復活せず)。

潮州市域で最初に郡城が設置されたのは、東晋王朝末期の413年、東官郡(331年、南海郡の東部が分離され新設された。かつ同時に、掲陽県が廃止され、復活した海陽県に吸収合併される)が分離されて義安郡が新設されたときであった。この義安郡役所が、今の潮州市旧市街地の前身となった海陽県城内に開設されたのである。
潮州市

時は下って、隋朝初期の590年、中国全土で郡制が廃止され、州制へ統一されるにあわせ、義安郡が循州下の義安県となり、同年に州へ昇格され、潮州(海岸線に近かったため「潮水の往復するところ」という意味から命名された)へと改名される。こうして義安県城は州城をも兼ねることとなる。
隋朝二代目皇帝の煬帝の治世下の607年、中国全土で再び州制が廃止され、郡制に統一される。このとき、潮州が再度、義安郡へと改名され、東楊州の管轄下に入る。

唐代の621年、再び、潮州へと改名される。翌622年、循州が今の恵州市内に設置されるに及び、循州総管府は循州、潮州、韶州の三州の軍事を統括することとなる。その後も、度々、行政区の再編が行われ、時に潮州は福建省側へ編入されたり、潮陽郡などへ改名されたりしている。

時は下って、元代には潮州路、明代には潮州府と呼称された。明末期の1633年には、潮州府の統括区域が史上最大を記録していた時期であった。すなわち、海陽県(今の潮安市)、潮陽県、掲陽県、饒平県、恵来県、澄海県、普寧県、平遠県、程郷県、大埔県、鎮平県の合計11県となっていた。

隋代や唐代以後、中原の戦乱を避け、多くの漢民族らがこの地に移住したとされる。ここで中原の最新文明が伝播され、潮州でも文化が花開いたと言われる。さらに南宋末期の混乱の時期、福建省莆田から多くの移民が潮州方面へ避難してくる。

潮州市

明代の1575年、南澳島に兵士の駐屯所が開設され、福建省と広東省とで別々に要塞が建設・管理された。1576年には南澳鎮が設置される。
清代初期、台湾側の鄭氏率いる明残党軍との戦闘もこの島で行われている。その鄭氏台湾も1683年に清朝に降伏した後の1685年、清朝は南澳総兵と呼ばれた南澳島守備軍の管轄範囲をさらに拡大し、閩南地方から台湾、広東に至る海域の防備を担当することとしている。

潮州市

清代の1733年、潮州府下の程郷県、平遠県、鎮平県と、恵州府の興寧県、長楽県が分離・合体されて、新たに嘉応州(州役所は程郷県城内に設置)が新設される。以後、海外でも名を馳せる潮州閥と言われる人々の出身地は、この残された潮州府下の諸県の出身者とされることになる。すなわち、潮安県(海陽県)、潮陽県、掲陽県、恵来県、普寧県、澄海県、饒平県、豊順県の8県であり、世に言う、「潮州八邑」を構成する地域である。

潮州市

汕頭の港湾一帯は潮州府下の重要な港町となり、その経済的繁栄は盛んとなるばかりであった。潮州府もまた重点的に港湾設備の整備を進めていく。1904年には潮州府と汕頭埠との間で早くも鉄道敷設工事が開始され、1906年に完成する。その機関車は「潮汕号」と名付けられ、以後、「潮汕」という新造語が世に広く浸透することとなる。
また清末、欧米列強の圧力により天津条約が締結され、潮州港(後に汕頭港に変更)の開港が決定される。
日中戦争時代は潮州城を巡って、日本軍との攻防戦が繰り広げられた地でもあった。
1989年より現在の市制が確定され、今日に至る。

潮州市

なお、潮州市中心部にあった潮州府跡(義安県城、海陽県城、潮陽郡城)であるが、地方の旧州都レベルの都市としては、珍しく長大な城壁が河岸線上に残されている。城壁はかなり高く、その延々と続く眺めは壮観だ。城楼や城門の一部も現存する。
また、路地名や地名などにも以前の記憶が鮮明に刻み込まれていた。環城東路、環城北路、北門大院、環城西路、西湖(かつてに堀川跡)、潮州西門古車駅、城南小学、潮州城基中学、南門市場、西馬路、上水門街、座城古廟、東門商場など。

それにしても、さすが商売人の街「潮州」だけあって、公園に入るだけでもよそ者には課金する仕組みがあったことには驚いた。地元民は入場無料、外部者は有料という西湖公園は別の意味で感心させられた場所であった。

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us