『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


海南省海口市 ~ 人口 225万人、一人当たり GDP 59,000 元


 ➠➠➠ 海口市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  瓊山県城(瓊州府城)
  海口所城
  定安県城
  澄邁県城



【 海口市の歴史 】

紀元前213年、秦の始皇帝により中国華南地方も平定され、すぐに中央集権統治体制の導入が図られる。このとき、桂林・象郡・南海の3郡が新設され、海南島全体が象郡に帰属されたものの、島上での県役所の開設はゼロであり、実質的には放置された巨大島(ちょうど日本の関東地方と同等の面積を有する島)であったようである。

秦朝末期の混乱期に建国された南越国が象郡を掌握した後も、引き続き、無政府状態のままとされた。

そして紀元前111年、この南越国を滅ぼした前漢朝の第七代皇帝の武帝により、ついに海南島へも直接統治体制が導入されることとなる。

海東市

翌紀元前110年、交趾剌史部の下、海南島には珠崖郡(郡役所は今の海口市瓊山区龍塘鎮潭口村委会大賓村に開設)と儋耳郡(郡役所は今の儋州市三都鎮旧州坡に開設)の2郡が新設される(上地図参照)。
珠崖郡下には、曋都県、紫貝県(県役所は今の文昌市内)、苟中県(県役所は今の澄邁県内)、玳瑁県(県役所は今の海口市瓊山区府城鎮の南側30kmの位置に開設)、顔盧県、山南県(県役所は今の陵水黎族自治県内)、臨振県(県役所は今の三亜市内)など11県が、儋耳郡下には5県が配された。現在の海口市一帯は曋都県と玳瑁県に分かれて統括されたようである。なお、この当時の人口調査で、23000戸あまりの居住戸籍が確認されたという。
前漢朝の直接支配は、すべて中原から派遣された漢族によって運営された。最初の一年目は特に原住民らの反発が強く、現地滞在していた漢族の官僚や兵士らが皆殺しにされたため、前漢朝廷は軍を派遣し、いったん鎮圧するも、その後も多い時で20年に6度もの反乱が記録されるなど、断続的に現住民らの騒乱が続いたようである。

紀元前46年、度重なる天候不安もあり中国全土への統治能力を失った前漢朝廷は、ついに海南島上のすべての郡役所と県役所の廃止を決定する(現在の海口市エリアを統括してきた曋都県と玳瑁県も廃止された)。いちおう、海南島は交州合浦郡(郡役所は今の広西省浦北県旧州の開設)の直轄地という取扱いにされるも、実質的には漢王朝の支配が及ばない無政府状態の地となる。

海東市

後漢時代の43年、朱盧県が珠崖洲へ改称されるも(合浦郡に所属)、引き続き、海南島は直接統治の行き届かない島であり続けた(上地図)。

三国時代、呉領下の広州に属する。呉の孫権の治世下であった239年、珠崖州が再び朱盧県へ改名される。 242年には、今の広東省雷州半島に珠崖郡が再設置され、従来からあった合浦郡下の徐聞県と珠官県、朱盧県を統括することとされた。しかし、280年に呉が西晋に降伏すると、珠崖郡は廃止され、再び、合浦郡の管轄下に組み込まれた。

東西晋朝から南北朝時代にかけても、このままの行政区が踏襲される。しかし、海南島自体は、中原の戦乱から避難してきた者や犯罪者、無戸籍者などがたどり着く、無法地帯状態が続いた。

そして、南朝の梁王朝の治世下の540年、当時、高凉郡太守の馮宝の娘をめとった譙国夫人(後に梁を継承して南朝に陳朝を建国し、初代皇帝となる)の上奏により、海南島にあった前漢時代の儋耳郡跡地(今の儋州市三都鎮旧州坡)に崖州役所が開設され、海南島の直接統治が再開されることとなる。こうして、600年以上続いた「自由放任の島」の歴史は終焉を迎える。

海口市

隋朝の治世下の597年、海口市一帯は珠崖郡(崖州から改編)下の、顔盧県と武徳県(610年に舍城県へ改名)の2県に分かれて帰属された。このとき、珠崖郡の郡役所は引き続き、義倫県城内(今の儋州市三都鎮旧州坡)に開設され、義倫県、感恩県(県役所は今の東方市の南側)、顔盧県(県役所は今の海口市の東側)、毗善県(県役所は今の臨高県内)、吉安県(県役所は今の東方市の北側)の 5県を統括した。

唐代の622年、顔盧県が顔城県へ改名される(珠崖郡から改編された崖州に帰属)。そして、 627年に瓊山県役所(今の海口市瓊山区旧州鎮)が新設される。
632年、瓊州(”琼”の繁体字)が新設され、瓊山県が州都に選定される。 以後、瓊山県城内には瓊州の州役所、および舍城県の県役所が同時併設される。

海口市

北宋時代の972年、瓊山県城が今の海口市瓊山区旧州鎮から海口市瓊山区三峰里付近の府城地区へ移転され、これにあわせて、併設されていた瓊州の州役所と舍城県の県役所も同時移転される。
また、崖州役所が海口市から海南島の南部へ移転される。これが三亜市の西側に残る崖州古城となる。

北宋時代、瓊山県の管轄下にあった海口浦という漁村があったことが記録されており、南宋末期から元代初期にかけて、海上交易の貿易港として大いに発展を遂げる。この海口浦の地名が、現在の「海口市」の由来となったわけである。

元代には海口港、明代には海口都、海口所、海口所城、そして清代には瓊州口へと変更されていく。

海口市

明代の1369年より、広東省の所属とされた。瓊州府と瓊山県のそれぞれの役所は引き続き、同時併設された。上地図。

そして清代後期、アロー号事件に敗れた清朝は、1858年、英仏領国と天津条約を締結し、潮州港ともに、この瓊州港(海口港)の開港も強制されることとなる。

以後、従来より海口市の中心地区であった瓊山県城と港湾部の海口所城との一帯が都市開発されていった(下地図の市街区)。共産中国時代の1988年、広東省から分離される形で海南省が新設され、ここの省都に指定される。

海東市

なお、北宋時代の972年に築城され、海南島内の政治・軍事の中心地として君臨してきた瓊州城であるが、今日では城壁も城門もすべて撤去されており、一切の跡形も残されていない。しかし、かつての堀川や路地名、地名にはその記憶がしっかりと刻み込まれており、城郭都市時代の様子を妄想するにも十分な材料がそろっていた。府城中学、洗馬橋路、東門路、東門百貨、北門官市、北官幼稚園など。

ちなみに、地図の上にある海側にあった古城地区が、海口所城跡である(下古地図参照)。

海東市

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us