『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~

中原統一後の秦の始皇帝と華南遠征



広東省掲陽市 ~ 人口 670万人、 一人当たり GDP 23,000 元


 ➠➠➠ 掲陽市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  掲陽県城
  海寧県城
  恵来県城
  文昌閣塔と鳌頭塔
  澳角砲台
  渓東砲台
  資深砲台
  靖海砲台
  靖海所城



【 掲陽市の歴史 】

春秋戦国時代まで百越の地として蔑視されていた嶺南地方も、紀元前214年、秦の始皇帝が派遣した任嚣と趙佗の正副将軍率いる南征軍に武力平定される。翌年、その占領地一帯に中央集権体制の導入が図られ、郡県制が敷かれる。桂林郡、象郡、南海郡の3郡のうち、掲陽市一帯は南海郡下6県の一つである龍川県(後に南越国を建国する趙佗が県長官を務める)の下に配された掲陽戍という簡易な地方役所の管轄地域に属された。掲陽戍(付近にあった名山(掲嶺山―後の掲陽山)の南側という意味で命名されたという)の管轄範囲は、今の広東省 潮州市汕頭市、掲陽市、梅州市 および 陸豊市 全域と福建省漳州市の雲霄県、東山県、詔安県、漳浦県、平和県の5県をも含んだ、広大な地域であった。この掲陽戍の開設が、広東省東部の韓江流域での最初の行政庁とされる。

しかし、その秦朝もすぐに滅亡し、中原が戦乱に陥る中、この嶺南地方には南越国が建国される。
後に南越国は、前漢王朝が設置した南海国の領土を併合し、その旧領を分割して、掲陽県(秦代からの掲陽戍城を継承)と海陽県(県役所は今の 潮州市)を新設する。掲陽市一帯は南海郡掲陽県に帰属された。

掲陽市

しかし、紀元前111年に前漢第七代皇帝の武帝による遠征軍を受け、南越国も滅ぼされてしまう。前漢王朝はこの嶺南一帯を交州として新たな州を設け、その下に9郡を配置して、中央集権体制の徹底を推し進めた。秦代以来の掲陽県(県役所は今の 梅州市 豊順に開設)と南越国が設置した海陽県はそのまま継承される。現在の掲陽市域は引き続き、掲陽県の下に帰属された(上地図)。
なお、南越国の統治下で掲陽県令を務めていた史定は戦わずして前漢軍に投降したため、前漢朝より引き続き、掲陽県令の職を任されるとともに、安道侯に封じられる。また、特別に武帝より「掲」の姓を賜ることとなり、掲氏の先祖とされている。

前漢王朝から権力を簒奪した王莽により、新朝(紀元8~23年)が建国されると、海陽県と掲陽県が合併されて南海亭となり、その亭役所は海陽県城(今の潮州)に開設される。
新朝が滅び、後漢王朝が再建されると、南海亭は掲陽県へ再改名される(海陽県は復活せず)。

時は下って、東晋時代の331年、南海郡の東部が分離され東官郡が新設される。あわせて掲陽県が廃止され、海陽県(今の 潮州市)、潮陽県、海寧県(今の揭陽市 恵来県 千秋鎮村)、綏安県が分離・新設される。

掲陽市

さらに413年、東官郡の東部が分離され義安郡が新設される。義安郡の郡役所は海陽県城(今の潮州市)内に開設され、海陽県(今の掲陽県はここに所属)、潮陽県、緩安県、海寧県(今の揭陽市 恵来県 千秋鎮村)、義招県の5県を管轄することとされた。上地図。

掲陽市

隋代の591年、義安郡は潮州へ改名され(607年に再び、義安郡へ戻される)、義安県、潮陽県、海寧県、緩安県、義招県、程郷県の6県を統括した。上地図。
唐代初期の621年、義安郡は再び潮州へ改称される。同時に、海寧県が廃止され、潮陽県へ吸収合併される。

北宋時代の1067年1月6日、海陽県付近でマグニチュード6.75級の地震が発生し、多く家屋や住民らに被害が出たとされる。
1140年、仏僧の法山が双山(今の桂嶺区)で双峰寺を建立する。これが海陽県域で最も古い仏寺とされる。明代初期に同じく仏僧の石山がこの双峰寺を榕城馬山巷へ移転させ、以後、今日まで同じ場所に残る。

掲陽市

南宋末期の1278年、文天祥の率いる南宋軍がこの海陽県(今の 潮州市)一帯までたどり着き、これを追ってきた元軍と激しい戦闘が行われ、城郭やその中にあった県役所、学問所などが全焼し、三日三晩の殺戮が繰り広げられたとされる。人口は激減し、ほとんどの家が空き家と化すほどであったという。

南宋を滅ぼし、中国全土を統一した元朝も、皇族どうしの内紛が長期化し、治世が大いに乱れていく。これに乗じて、中国全土に軍閥が割拠するようになる。1356年、漳州出身の陳遂(別名:陳吊眼)がこの掲陽一帯において自ら定王を称し、軍閥の一角として台頭するも、朱元璋により明朝が建国されると、これに抵抗し、討伐を受ける。敗走する陳遂が黄岐山の北側の洞窟の中へ逃げ込んだことから、以後、この地は陳吊嶺と呼称されるようになったという逸話が残る。

明代の1423年、海賊の黄寿山が反乱を起こし、掲陽県一帯を占領するも、間もなく平定される。古い記録によれば、この地域で1509年11月に記録的な大雪が降り、10cmほどの積雪となったようである。
1550年代以降、度々、倭寇の侵略を受けるようになる(1640年代まで続く)。ただしこの地域に出没する海賊らは、実際は、皆が中国人らであったとされる。また、この明末清初の時期は、掲陽県一帯でも地震や野生虎の出現などが相次ぎ、社会不安が広まった時期でもあった。

掲陽市

また、清代初期の1645年、掲陽県武生鎮出身の劉公顯が挙兵し、藍都と林都の2地域を占領の上、南塘山に軍事拠点を設け、この自身の軍を九軍と称した。こうした反清勢力は各地でも挙兵され、明の残党兵力を有した鄭鴻逵、鄭成功、陳豹らと共に共同戦線を組み、清側の県城や府城を攻撃し、 6年間にも及び抵抗が継続される。しかし、1651年に劉公顯が密かに潮州府城内に潜入し、清兵の離反策を合作している時に捕縛され、処刑される。その後、すぐに清軍は数万の兵力で九軍の根拠地の一つであった鴛鴦寨を攻撃し、包囲すること八か月の後、籠城側の食料が尽き、最終決戦を挑み多くの犠牲者を出したとされる。しかし、さらに残党兵力は他の反清連合軍に加わり、その後も10年以上も戦闘が継続されていく。

鄭成功とその叔父の鴻逵と林勝、楊才、甘輝らのが一時、共同で掲陽県城や 恵来県城 まで勢力を盛り返したこともあった(上地図)。
これらの反清運動も台湾の鄭氏の降伏(1683年)により、ようやく収束を見て、戦乱は終わりを告げる。

掲陽市

時は下って清末の1840年、フランス人が龍尾新寮山の銅鉱山を占領し、白塔馬丘幼浦港を使って、勝手に輸出するようになる。1860年には北京条約により中国人労働者の海外移転が自由化され、多くの人々が華僑となって、この地域からも世界中へと出ていったとされる。また、この年は掲陽市域で初めてキリスト教会が建設された年でもあった。

掲陽市

なお、現在の掲陽市中心部にあった掲陽城跡であるが、現在、東門にあたる進賢門とその周囲の城壁が残されているが、それ以外はすべて撤去されてしまっている。しかし、かつての城壁都市時代の記憶が数多く路地や地名に残されており、大陸中国では珍しく旧市街の保存ができている都市である。西関路、西馬路、北環城路、東環城路、韓祠路、北馬路、城隍路、観音仔路(双峰寺がある一帯)、榕城東門総合市場など。

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us