『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


山西省晋中市 ~ 人口 440万人、 一人当たり GDP 37,000 元


 ➠➠➠ 晋中市の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  祁県(有祁県城)
  介休県城(涂水県城、界休県城、界美県城)
  鄔県城
  涂水県城
  寿陽県城(馬首県城)
  楽平県城(白狄族の肥国王都跡、楽平郡城、遼州城)
  郷県城(郷郡城)



【 晋中市の歴史 】

晋中市一帯では、今から約3万年前の旧石器時代後期に、すでに人類の生息が確認されているという。
商(殷)王朝時代(紀元前17~前11世紀)後期には、晋中市エリア内でも城邑(城塞都市)が設置された。西周朝の時代、唐国の版図下に組み込まれる。

春秋時代期、今の晋中市一帯には有祁県(今の晋中市祁県)、鄔県(今の晋中市介休市)、涂水県(今の介休市)、馬首県(今の晋中市寿陽県)の 4県が設置され、晋国の統治下に置かれた。また市域の東部は、白狄族が建国した肥国(今の晋中市昔陽県)の領土下に組み込まれていた。下地図。

晋中市

戦国時代には、晋国を滅ぼし独立した韓、趙、魏の3国に分かれて統治された。

戦国時代も末期となると、西の秦国が強大化し、韓、趙、魏の領土を圧迫するようになる。紀元前246年、秦の庄襄王により白起が派遣され、黄河流域から北部一帯が秦国に併合されることとなる。下地図。

この直後、太原郡が新設される。その郡役所は晋陽城(今の太原市南西の汾水の東岸側)に開設され、晋陽県、界休県(今の晋中市介休市)、鄔県(今の晋中市介休市の北東15km)、兹氏県(今の山西省呂梁市汾陽市巩村にある古城遺跡)、离石県、榆次県、霍人県(山西省忻州市繁峙県の東部)の7県を統括した。

晋中市 晋中市

秦の始皇帝が中原を統一すると、太原郡と上党郡の2郡体制となり、現在の晋中市域は二分して統括された。

時は下って後漢時代、并州下の太原郡(前漢時代の管轄21県体制から16県体制へ縮小された)、上党郡、楽平郡(郡役所は昔陽県に開設)の3郡に分かれて帰属されていた。
後漢末期、北方の鮮卑族、匈奴らの南下もあり、漢民族の多くが南へ大挙して移住するようになる。こうして、213年に并州が廃止され、冀州へ吸収合併される。この直後より、曹操による匈奴討伐戦が展開されていくこととなる。

220年に曹丕(文帝)が後漢朝からの権力禅譲を受け、魏国を建国すると、すぐに并州が復活設置される。一方で、太原郡は12県体制に縮小された。すなわち、晋陽県(并州役所と太原郡役所を併設)、陽曲県、榆次県、盂県、祁県、京陵県、中都県、大陵県、平陶県、狼孟県、陽邑県、鄔県となった。

なお、このとき、晋中市一帯は太原郡、上党郡、西河郡(郡役所は離石県城に開設)、楽平郡(219年に新設。郡役所は楽平県城【今の山西省晋中市昔陽県巴洲郷巴洲村】に開設され、沾県【今の昔陽県中心部】を含む2県を統括した。)の4郡に分かれて監督されている。下地図。

晋中市

その魏朝から権力禅譲され、司馬炎により西晋朝が建国された265年、太原郡が太原国へ変更され、司馬孚の子の司馬瑰が太原王に封じられる(284年に廃止され、太原郡に戻される)。
なお曹魏時代から、楽平県城(今の晋中市昔陽県巴州村)を中心とする楽平郡には、青州騎兵団という対北方民族戦用の主力が駐屯されていた。

しかし、間もなく西晋朝廷内で内部抗争が勃発し、中央の統制力が弱体化したことを受け、北方の鮮卑族、匈奴らがますます南下し、その勢力圏を拡大することとなる。 最終的に316年、前趙により西晋朝も滅ぼされ、南北朝時代が始まることとなった。下地図。


晋中市

北朝側での五胡十六国時代を制して、北魏が華北地方を統一すると、今の晋中市エリアは、并州下の太原郡(郡役所は晋陽県城に開設)、そして、郷郡(433年に新設。郡役所は当初、郷県城【今の晋中市榆社県社城鎮】に開設。郷県、陽城県、襄垣県、銅鞮県の4県を統括。後に郡役所は、陽城県城【今の長治市武郷県故県郷甲水村】へ移転)、楽平郡、上党郡と汾州下の西河郡(郡役所は今の臨汾市吉県に開設)に細分化され統括された。下地図。

その後、この行政区は東魏や北斉の統治下でも継承されることとなる。

晋中市

南北朝時代を統一した隋代、当初は郡制が廃止され州制が採用されると、并州、介州、韓州、遼州(596年に新設され、州役所は今の晋中市昔陽県に開設)、呂州の5州に分かれて統括された。後に第2代皇帝の煬帝により、郡制が復活されると、太原郡と西河郡(介州から改編)の2郡の管轄区に再編される。
後に、太原郡、介休郡、霍山郡の3郡体制へ変更された。

唐代に入り、さらなる行政区の改編が加えられ、最終的に、太原府(榆次県、太谷県、祁県、寿陽県)と、汾州(平遥県、介休県、霊石県)と遼州(楽平県、和順県、榆社県)の2州によって統括されることとなる。

晋中市

北宋時代には、河東路太原府、汾州、遼州、平定軍に分かれて管轄された。その後、東北から侵入した金国の勢力圏に組み込まれる。

元代、冀寧路と晋寧路に分かれて属された。
明代、清代には、太原府(上地図)、汾州府、平陽府の3府と遼州、平定州、霍州3の直隷州に細分化されて統括された。

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us