『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


甘粛省酒泉市 ~ 人口 110万人、 一人当たり GDP 53,000 元


 ➠➠➠ 酒泉市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  酒泉県城(禄福県城)



【 酒泉市の歴史 】

古代より、西域・北方民族の西戎や西羌、匈奴の領域で、中原王朝とは異なる世界と考えられてきた地方である。 現在の甘粛省の中でも最も大きな市域を有しており、そのほとんどは遊牧地、砂漠地帯である。
黄河上流域にあたるこの地では、月氏王国が勢力を張っていたが、中原にて秦王朝が建国されたころ、 当時、まだまだ弱小勢力であった匈奴が台頭し出し、月氏の勢力は南西部へと大きく後退されることになる。
秦末から楚漢戦争時代にかけて、北方民族の匈奴は度々中原へ南下し、中国本土をも脅かす ほどの勢力へと成長する。南西部へ追われた月氏王国であるが、紀元前176年、匈奴の圧力は ますます強まり、イシク湖周辺にまで追われていく。月氏の残党(大月氏)は、もともと、この地方に あった塞族による民族国家を攻め滅ぼし、ここに大月氏王国を建国して、その命脈を保つことに成功する。
他方、月氏から分かれて南山羌、敦煌、祁連(現在の青海省)一帯に留まった月氏の一部は、小月氏王国として 細々と存続していくことになる。後漢末から三国時代においても、西域の一民族国家として、 この小月氏王国が認知されていたというから、相当に長く存続していたようである。 同じく、大月氏王国も長く存続することになる。

酒泉市

前漢の前半時代において、現在の酒泉市一带は匈奴王国の版図下にあり、その遊牧民族らの 放牧地とされていた。この地は、当時、匈奴国の右地を呼ばれていたらしい。
紀元前121年、前漢7代目皇帝の武帝により、霍去病を総大将とする遠征軍が西域へ派遣され、同年秋に渾邪王を撃破し、 匈奴の残党勢力を玉門関外へと追い出すことに成功する。それからすぐ、 西漢王朝は数十万にも及ぶ漢族農民をこの占領地へ移民させ、農地開墾を進める。 これ以降、当地における農耕文化が開始されたという。
移住民が増え、土地開発が進むにつれ、この地は酒泉と呼ばれるようになる。 「城下には泉がたくさんあり、その水は酒のようにおいしい」という 伝承から派生したという。
そして、紀元前106年、前漢王朝はこの地に「酒泉郡」を設置するに至る。 また、禄福県城とされていた、現在の酒泉市区に「酒泉郡」役所が開設されている。 敦煌県が設置されたころ、郡役所が移転される。

酒泉市

この体制は、南北朝時代の北魏王朝の時代の435年まで継承されていった。 ただし、現在の酒泉市に関しては、三国時代を統一した西晋王朝の末期、295年、 禄福県から福禄県へと改名されている。

南北朝時代を統一した隋王朝の583年、酒泉鎮長官の名称が、酒泉鎮軍へと改名される。 続いて、602年、郡制度が廃止され、州と県のみの2段階制度へと政治改革が進められたことを 受け、酒泉鎮は粛州へと改名され、長官職も剌史と呼称されるようになった。

624年、唐初代皇帝の高祖により、酒泉県が設置され、粛州に帰属するものとされる。 しかし、唐代中期に安史の乱がおこり、唐王朝の力が大幅に低下し、西域経営が 疎かにされるようになると、この機に乗じて、西域諸民族らは独立や唐領への侵攻を繰り返し、 酒泉地方に至っては、763年、吐蕃国(チベット族)に占拠されてしまう。そして、吐蕃国により、 粛州千戸府が開設された。この時から、88年後の852年まで、吐蕃国の版図下に置かれることに なった。そして唐末には再びこの地の支配権を失い、五代十国の戦乱時代、西域民族の回鶻 の支配下に組されていた。

戦乱が続いた中国本土を統一した北宋の時代、酒泉市一帯を含む西域領土は 西夏王国の版図下におかれていた。しかし、その西夏王国もモンゴル帝国の 4回にも及ぶ侵攻で滅亡させられ、以後、モンゴル帝国の領土とされる。
1271年、フビライにより元王朝が建国されると、この西域統治として粛州路が 設置され、その長官は達魯花赤(モンゴル人かイスラム系)が担当することになった。

時代は下って、明代においては、粛州衛へと改名され、その長官は 指揮使と呼ばれる。また、清代に至っては、粛州へと改編され、このまま近代を迎える ことになる。

酒泉市

現在の酒泉市中心部にあった、かつての禄福県城(酒泉郡古城)跡であるが、南西側にある城門「福禄門」跡以外は、完全に城壁も撤去されてはいるものの、現在の路地名にかつての城郭都市の名残が色濃く残されている。北環路、西環路、南環路、東境路、倉后街、倉門街、北市街、北大街、北門什字、西小巷、小西街(古城門跡「福禄門」あり)、西大街、南市街、南城巷、


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us