『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


河北省邢台市 ~ 人口 730万人、 一人当たり GDP 29,000 元


 ➠➠➠ 邢台市の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  襄国城(襄国郡城、後趙の王都跡、邢州城、龍岡県城、信徳府城、順徳府城)
  内丘県城
  宗城県城
  南和県城
  大陸県城(堯山県城、隆平県城、唐山県城)
  堂陽県城
  南宮県城
  平郷県城
  柏郷県城
  南和県城
  巨鹿県城
  臨城県城
  任県城
  沙河県城
  洛水県城



【 邢台市の歴史 】

古代中国では、邢の漢字は井とも通用されており、かつて一帯に多数の河川や湖、泉などが点在する土地柄から、邢台市エリアは井方と通称されていた。

三皇五帝時代、黄帝が言崗(河南省鄭州市新密市軒轅丘)で井戸や水路を整備し、新田開発を進めたとされる。これに伴い、城邑が建設され、集落が誕生することとなった。

邢台市

また堯帝が堯山県(今の邢台市隆堯県の西部)に王都を移転し、この地で舜帝に王位を譲渡する。また、舜帝の治世下で、この王都が継承されていた当時、大禹により黄河の治水工事が進められている。

夏王朝の時代、全国が九州に分割され、邢台市一帯は冀州に属された。

商(殷)王朝の時代(紀元前1500年ごろ)、その王都が邢(今の邢台市中心部)へ移転される。下地図。
商(殷)王朝末期、邢の地に封じられた邢公は、最後の国王である紂王を支える三公の一角を成す重要な家柄に選定された。しかし、周公の武王により商(殷)王朝も滅ぼされることとなる。

邢台市

その武王により西周朝が建国されると、2代目国王に即位した成王により、周公旦(成王の叔父)の第4子である姫苴が邢侯に封じられる。邢国は周朝下の53ある姫姓の皇室系封国の一角を成した。

春秋時代期、邢国はその王都を邢(今の邢台市中心部)から夷儀(今の邢台市邢台県浆水鎮)へ移転する。その後、邢国は庸国、続いて斉国の属国となり、最終的に衛国に滅ぼされる。その衛国も晋国により吸収合併され、邢台市一帯は晋国の領土に組み込まれることとなった。

戦国時代初期、晋国の領土が魏国、韓国、趙国の有力貴族ら三家に分割されると、以後、邢台市エリアは趙国の勢力圏に帰属された。下地図。

邢台市

その趙国も紀元前228年に秦の始皇帝により滅ぼされ、そのまま始皇帝が紀元前221年に中原を統一すると、全国は36郡に分割され、直接統治の導入が図られるようになる。このとき、鉅鹿郡(郡役所は巨鹿県城【今の邢台市平郷県の西部】に開設)が新設される。

秦朝末期の混乱期(紀元前207年)、反乱軍を指揮した張耳と陳余により、趙歇が趙王に封じられる。趙歇は、信都県城(今の衡水市冀州市の旧市街地)を拠点として、邢台市一帯にかけて勢力圏を形成した。
しかし、間もなく、秦軍を率いた章邯により平定されてしまう。

邢台市

これと時期を同じくして、旧趙国領で勃発した反乱の鎮圧を進めるべく、章邯はそのまま旧趙へ北進し、首都の邯鄲城を蹂躙した後、更に趙王と張耳が籠る鉅鹿城(現在の河北省邢台市巨鹿県)を包囲するに至る。上地図。
この救出作戦で、楚より派遣された項羽が大活躍することとなる。所謂、鉅鹿の戦いである。

当地で秦軍の主力部隊を撃破した後、項羽は張耳を常山王に封じ、襄国城(今の邢台市橋東区)に王都を開設させている。

前漢朝の治世下、秦朝時代の鉅鹿郡がそのまま踏襲されるも、管轄域は縮小され、その一部から広平郡や清河郡、恒山郡が分離・新設されることとなった。下地図。

邢台市

25年、光武帝の劉秀が、北側の鄗城(今の邢台市柏郷県)内の千秋亭で皇帝即位式を開催し、後漢王朝の建国を宣言している。

三国時代、曹魏の版図下に組み込まれ、邢台市一帯は冀州の一部となっていた。冀州役所は鄗城(今の邢台市柏郷県)に開設されており、常山郡、鉅鹿郡、清河郡など 9郡(国を含む)を統括した。

邢台市

西晋時代の後期には、八王の乱が勃発し、最終的に311年に西晋王朝は洛陽にて滅亡することとなった。この戦いで功績を挙げた羯族人の石勒は、翌312年、襄国城(今の邢台市橋東区)を拠点に独立勢力を形成するようになる。下地図。

319年には、石勒は大単于を称し、王都を襄国城に定めて、後趙を建国するに至る。以後、襄国城は中国華北地方の中心都市の一角として興誠を極めることとなった。
335年、第3代皇帝の石虎が鄴城へ王都を遷都するに及び、襄国城の王都跡は新設された襄国郡の郡都とされた。

邢台市

隋代初期の596年、襄国郡が邢州へ改編され、内丘県(今の邢台市内丘県)、青山県、巨鹿県、龍岡県(州都を兼務:今の邢台市橋西区の北部)、柏仁県、任県、平郷県、南和県、沙河県の9県を統括することとなる。606年、邢州は襄国郡へ戻される。下地図。

邢台市

唐代初期、邢州総管府が設置され、邢州、温州、和州、封州、蓬州、東龍州、起州などの各州を統括することとされた。
621年、邢州へ戻され、隋代からの9県を統括した(河北道に所属)。
646年、唐の太宗である李世民が、初代皇帝の李渊の死に際し、邢州に大唐祖陵(今の邢台市隆堯県魏家庄鎮王尹村に現存)を建設する。
742年には邢州は鉅鹿郡へ改称されるも、757年に再び、邢州へ戻される。
881年、孟方立が昭義軍節度の拠点を邢州城(今の邢台市中心部)へ移転する。下地図。

邢台市

五代十国時代、邢州は重要な国境隣接地帯となり、この頃、保義軍節度、安国軍節度、節度衙門などが邢州城内に併設され、邢州、洺州、磁洲の3州と、その配下の18県を統括することとなる。

北宋時代には、邢州城に安国軍節度が設置されており、河北路(後に河北西路)に帰属された。後年、邢州都総管へ昇格される。
1119年、邢州は信徳府へ昇格されるも、その管轄行政区はそのままとされた。

金朝時代の1128年、北宋時代の行政区が継承されつつ、信徳府が邢州へ戻される。下地図。
河北西路両大節鎮の一つとして、安国軍節度が設置された。その管轄下には、唐山県、内丘県、任県、邢台県、南和県、平郷県、巨鹿県、沙河県の 8県と、道武鎮(今の邢台市広宗県広宗鎮)、新店鎮、綦村鎮、団城鎮の4鎮が配された。下地図。

邢台市

元代初期には、邢州安撫司が設置され、1262年、皇帝フビライの勅命により、邢州が順徳府(府役所は今の邢台市橋東区)へ改名される。あわせて、その下にあった磁州、洺州、威州の3州は、磁州郡、洺州郡、威州郡へ改編される。
1264年には、順徳府は順徳路へ変更される。あわせて、中書省の直轄地とされ、王都直轄地という意味で、当時、一帯は腹里とも通称された。

明代の1368年、順徳府は北平行省の、1403年には京師(北直隷)の監督を受けることとなる。

邢台市

清代の1644年、順徳府の管轄区は、明代の制度がそのまま踏襲される(直隷省に帰属)。すなわち、内丘県、任県、唐山県、邢台県、南和県、巨鹿県、平郷県、沙河県、広宗県の9県を統括した。上地図。

中華民国が建国された翌1913年、北洋政府の勢力圏に組み込まれる。順徳府が廃止され、各県は同列に大名道の管轄下に置かれた。

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us