『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


江西省鷹潭市 ~ 人口 115万人、 一人当たり GDP 45,000 元


 ➠➠➠ 鷹潭市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  余汗県城(余干県城) → 江西省上饒市
  晋興県城(興安県城、安仁県城、長城県城、興安鎮、安仁場)
  貴溪県城



【 鷹潭市の歴史 】

春秋時代には百越の地に分類されていたが、戦国時代に入り、最初は越国に、後に楚国の勢力下に置かれる。
紀元前221年に秦の始皇帝が中原を統一すると、全国に36郡を設置する。このとき、鷹潭市一帯は九江郡に属した。
鷹潭市

紀元前202年に劉邦により前漢朝が建国されると、その翌年の紀元前201年、余汗県が新設され、現在の鷹潭市エリアはここに帰属された。
後漢末期の194年、江南を制覇した孫策により蘆陵郡が新設される。また、呉の孫権の治世下の210年、鄱陽郡が分離・新設され、現在の鷹潭市一帯はここの管轄下に置かれた。

鷹潭市

その呉も280年に西晋に降伏し、司馬炎が三国統一を成し遂げる。その司馬炎も290年4月に死去し、西晋朝の二代目皇帝として司馬衷が恵帝として即位する。その翌年の291年、余汗県下の晋興郷が分離され、晋興県として独立県となる。晋興県は、今の月湖区、貴溪市、余江県の一帯を統括することとされた。

八王の乱で弱体化した西晋朝の混乱に乗じて洛陽を占領した前趙により、西晋第三代皇帝の懐帝が捕縛され刑死すると、313年4月、第四代皇帝として愍帝が即位する。ちょうどこの同年、晋興県が興安県へと改称されるも、すぐに廃止され、元の余汗県晋興郷へと降格されることとなる。

間もなく、西晋朝も完全に華北を追われ、華南のみを領有する東晋として存続することとなる(南北朝時代の始まり)も、重臣の劉裕に権力を簒奪される形で、ついに滅亡する(420年、南朝の宋王朝の建国)。南朝の一つである陳朝の統治下の560年ごろ、再び余汗県晋興郷が独立県として分離され、安仁県が新設されるに至る(呉州に帰属)。

300年近く続いた南北朝時代を統一した隋朝時代の589年、安仁県が廃止され、余汗県晋興郷として再降格される。また、余汗県は余干県へと改称される(饒州の管轄下に置かれる)。

鷹潭市

唐代の621年、余干県晋興郷から長城県(624年には玉亭県を吸収合併する)が新設され、同じく饒州に帰属された。しかし、すぐ後の625年、長城県は再び余干県晋興郷へ降格される。
765年、弋陽県の西側と余干県の東北部分から貴溪県(鷹潭坊一帯【現在の月湖区】を統括した)が分離・新設され、信州の管轄下に置かれる。
唐朝末期の870年代、余干県晋興郷は興安鎮へ改称される。

唐末期から始まった五代十国時代を統一しつつあった北宋朝は、975年、ついに江東地区に勢力を張っていた南唐国を滅ぼす。この地を完全平定した北宋により、同年、興安鎮が安仁場へと改称される。
988年には安仁場が安仁県へ昇格され、江東路饒州の管轄下に置かれた。

北宋も金朝、モンゴル軍に華北を奪われ、華南へ退避するも、最終的にはモンゴル勢力が建国した元朝により滅ぼされる。
元朝支配下の1264年、安仁県は江浙行省饒州路総管府の管轄下に配された。 1277年には、信州が信州路へと改編され、引き続き、貴溪県を統括した(同じく江浙行省に帰属)。

鷹潭市

元朝末期の1360年には、朱元璋の部下であった胡大海が信州を攻略し、信州を広信府へと改称する。翌1361年には、安仁県が江南行省鄱陽府の管轄下に置かれる(1369年には饒州府へ移籍)。
明代末期の1573年、鷹潭坊(現在の月湖区)に神峰寨巡検司が設置される。

清代も明代の行政区がそのまま継承され、貴溪県鷹潭坊は江西省広信府の管轄下に、安仁県は江西省饒州府の管轄下に配された。
1765年、鷹潭坊(現在の月湖区)に鷹潭司が設置され、さらに1864年、鷹潭司が鷹潭鎮へ昇格される(引き続き、貴溪県の統括下に属した)。

中華民国が建国された後の1914年、安仁県の地名が湖南省安仁県とだぶったため、余江県へと変更される。貴溪県と余江県はともに豫章道に帰属された。

鷹潭市

なお、現在の鷹潭市中心部(月湖区)は、清代末期に設置された鷹潭鎮を最高位とする地方の一田舎町に過ぎなかった。主に近代以降に開発された都市である。かつての旧市街地は、信江と環城西路、環城東路との間に囲まれた一帯にあったと推察される。

鷹潭市街区から東へ16kmのところにある、鷹潭市貴溪の旧市街地にあった貴溪県城であるが、唐代中期に設置されて以降、現在の鷹潭市エリアに存在した最古の県城であったわけであるが、現在ではその遺構は全く残されていない。わずかに路地名や地名にその名残が感じられるだけであった。北門大酒店、北門外、北門薬局、西后街、南大街、西街、東門外、東門街弁など。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us