『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2017年6月上旬 『大陸西遊記』~


日本島根県松江市(中央) ~ 松江市人口 16万人、島根県全体 一人当たり GDP 280万円


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  宍道湖と中海との間を流れる大橋川の今昔
  江戸時代の松江城と城下町 ~ 大橋川沿いには豪商の屋敷が並んでいた
  中堀(今の京橋川)の今昔 ~ 武家屋敷と町人エリアとの境界線
  松江城 三ノ丸跡地と島根県庁
  松江城 城下町の今昔
  松江城 ニノ丸(下ノ段)内にある護国寺と民家
  松江城 ニノ丸(下ノ段)の米蔵や武家長屋の跡地
  松江城 ニノ丸(上ノ段)の太鼓櫓と本丸ルート
  松江城 侍屋敷エリアに残る鉤型路の路地
  【豆知識】松江城 ■■■
  荒隅城(洗合山城)
  関ヶ原直後に入封した堀尾氏の新城郭建設のロケーション選定秘話



JR 松江駅北口には観光センターがあるが、レンタサイクルは自治体としてはやっていないそうで、駅南口のシャミネ駐車場内の 駅レンタカー(松江営業所 9:00~18:00)で、自転車を借りることとなった(300円)。
新大橋から、宍道湖と中海との間の 大橋川 を渡る。

松江市 松江市

ここは、江戸期から島根、出雲地方の重要な航路を成しており、城下町への積みに搬入や交易は、特権商人らに独占されていたという。


 【 松江藩の城下町 】

松江市 松江市

この 大橋川 の北岸が、かつての武家屋敷であり、また、一部の豪商の屋敷が立ち並ぶエリアとなっていた。これに対し、南岸は一般商人らの町だった。
上の写真左側には、庭付きの邸宅が並んでおり、当時の豪商の権勢を誇る様子が伺える。海峡に面する屋敷には小さな波止場も設けられており、自由に小舟で海峡へ出ることも可能で、城下町の花火観覧では、藩主が豪商宅に足を運んでは、ここから船を出して、花火鑑賞を楽しんだという。

松江市

下写真は、大橋川を越えた北岸にあった 中堀跡(京橋川)。東京橋の付近。今日、遊覧船の発着所になっていた(下写真左)。堀川のギリギリまで張り出す民家の軒先などが生生しい。

松江市 松江市

この中堀と大橋川との間は、江戸期には豪商の邸宅エリアが広がっていたわけであるが、今では夜の飲み屋街となっている。
そして、中堀と内堀の間には、家老屋敷や侍屋敷が広がっていたわけである。現在は、官庁街の様相を呈する(下写真=地名は「殿町○○番地」)。

松江市 松江市

ここから、西へと針路を変えると、旧三ノ丸跡地に入居する 島根県庁 が見えてくる(下写真左)。

県庁の中庭には、松平直定の銅像が立っており、ちょうど大阪冬の陣で真田丸を攻めている最中の14歳のころのものという(下写真右)。
この県庁前のバス停が、殿町一丁目だった(上写真右)。

松江市 松江市

さらに内堀沿いに移動し、松江歴史館(入館料 510円)へ立ち寄る。松江城や城下町の歴史がデジタル技術などを駆使して解説されていた。
内容が充実しすぎて、1時間半も見入ってしまった。また、館内ではボランティアの方がいろいろお話してくださって、非常に 勉強になった。

松江市

松江の城下町は第二次大戦中、空襲に合わなかったおかげで、江戸期の町割りがそのまま現在も受け継がれるという、全国でも珍しい県庁所在であること、また、ガイドさんが子供の頃、城下町の水辺ではしじみは簡単に取れたこと、ご自身の実家が、床下浸水で何度か宍道湖の水害を受けたことなどをお話頂いた。
この博物館で、佐陀川の掘削 について知ることとなり、ちょうど午後から満願寺城へ出向くので、見学することを決めることができたのだった。


 松江城

あまり長居もしていられず、自転車をそのまま歴史館の駐輪場に停めたまま、松江城内への見学を進めることとした。
下写真は歴史館付近の内堀の様子。木造の架け橋(宇賀橋)がいい味を出していた。上写真右。

松江市 松江市

内堀と二ノ丸にかかる北側の城門(北惣門橋、上写真左)から入城し、馬洗池を通過して、本丸北門から天守閣を目指すこととした。

途中、二ノ丸から北側へ移動し、護国神社まで行ってみた。そこで驚くべき光景を目にする。
なんと、この内堀の城内で、護国寺の正面に民家が2軒建っていたのだ(下写真)。どのような経緯でこの場所に家を持てたのか、非常に興味をそそられた。実にうらやましい。

松江市 松江市

さて、この二ノ丸(下ノ段)であるが、江戸期、ここには米蔵や武士らの長屋が並んでおり、明治期以降は野球グラウンドなどになっていたそうである。今は、きれいに芝生で整備された広場となっている(下写真右)。

松江市 松江市

下写真左は江戸期当時の様子。二ノ丸には城門橋以外に、陸続きとなっていた出入り口があり、それが馬溜跡(かつての馬小屋群)である(下写真右)。現在、ここは主に観光客が登城する際のメインゲートとなっている。

松江市 松江市

そのまま、二ノ丸(上ノ段)を通過して、本丸正門までほぼ一直線で登ることができる。何段にも石垣が重なる合う様は、最も見応えがあるルートである。

松江市 松江市

二ノ丸(上ノ段)には、現在、復元された太鼓櫓や洋風の興雲閣が設置されている。
上で紹介した、三ノ丸敷地の島根県庁を臨んだ写真は、この太鼓櫓内から撮影したものである。

松江市 松江市

松江城 自体はかなり小ぶりの城郭だったようで、天守閣も小さい上に、本丸も本当に狭かった。天守閣の入場料は 580円。

松江市 松江市

ここでもあまり長居はできず、 続いて、荒隈城(洗合山城)へ歩を進めることにした。
その移動途上で、鉤型路(かぎがたろ)の路地に出くわした(上写真)。侵入者らを直進させないようにわざと複雑に都市設計されていた江戸期の名残という。

そのまま侍町を西へ進み、小高い丘が連なる丘陵エリアへと向かった。


松江城 は、その屋根瓦の重なり具合が優美に天へ飛び立つ鳥の群れのように見えたため、千鳥城とも異名を取る。現在、山陰地方で惟一、天守閣が保存されており、しかも、戦国時代と江戸時代の過渡期の建築様式を折衷した、きわめて珍しいスタイルとなっているという。

なお、松江城から宍道湖一帯には、尼子氏と毛利氏との抗争を示す足跡がたくさん残されている。

松江市

尼子時代、現在の松江城が位置する亀田山上には末次城が設置されており、宍道湖から中海に至る水運拠点を統括していた。また、その北方には要害の 白鹿城(尼子十旗の筆頭格)が控えており、二段構えで河川交通の要衝を抑えていたわけである。
この末次城や白鹿城は、第2次月山富田城の戦役の渦中にあった1563年に落城し、毛利方に占領されてしまう。
この攻撃の際、毛利元就は尼子軍の水運を妨害し、また、長期的戦にそなえるべく、宍道湖畔に複数の臨時要塞を築城している。その一つが、下記の荒隈城(洗合山城)であった。

松江市

下写真左の阿羅波比神社は元々、洗合山上にあったが、戦役渦中の1562年に毛利軍によって山麓の現在の地へ移転されたという。以後も、歴代の松江藩主によって大切に保護されてきた。

松江市 松江市

右上は、清光院。洗合山に連なる最東端に位置する。1600年より現在の地に移転されてきたという。境内の墓地には、松江藩の儒学者、芸術家、武術家らの墓碑がたくさん安置されているという。また、1879年に第一回島根県議会の会場となった場所でもある。



 荒隈城(洗合山城)

ここは現在、天倫寺がある。松江市の西側に広がる低い丘陵地帯の南端に位置し、かつては、洗合山と通称され、現在は南平台と呼ばれている場所である。

松江市

宍道湖に面する南斜面を筆頭に、その地形は急峻で(下写真左)、この上に城塞が建造されていたとしても、納得がいく気がする。ただし、どこにも案内板は設置されていなかった。

松江市 松江市

境内は、寺建設のために大きく土地が掘削されてしまっているが、一部に土塁や側溝の跡かと思わしき部分もあった(上写真右)。
境内のすぐ南側には、宍道湖が広がる(下写真右)。

松江市 松江市

なお、歴史に「もし」があったのなら、松江城はここに築城されたかもしれなかった。

関ヶ原の戦役後、松江藩主として入封した堀尾吉晴・忠氏父子は、最初、月山富田城 に入城する。しかし、山城の麓で、しかもかなり内陸部に位置していたため、商業向けの城下町建設に 不向きで、すぐに交通、商業、武家屋敷の開設に都合のよいロケーションの選定が行われることとなる。

このとき、戦国時代を生き抜いた猛将・堀尾吉晴はこの洗合山に残されていた武名高い毛利軍構築の陣地跡を大改修することを主張するも、その息子で当主を継いでいた堀尾忠氏は小藩にあって大城郭の建造は困難で、しかも広大な丘陵エリアに築城すると、天守や櫓群の見栄えもさえなくなることから、 より小規模な亀田山の南端に位置する末次城跡地の再開発を推した。

しかし、領地の視察途中で毒蛇にかまれて堀尾忠氏が27歳で死去すると(1604年)、父の堀尾吉晴は息子の遺志を尊重して、末次城跡地の大規模改修に踏み切ることとなったわけである。

松江市

かつて、亀田山の山裾は湿地帯となっており、そのまま宍道湖畔と沼地などに囲まれていた。その大橋川の中州エリア「白潟」には、室町時代よりすでに集落地が形成されていたという。

松江城の築城に際し、まずは亀田山の南端を切除する形で、山を掘削し、堀を開通させることとなる。この工事が最も大変だったようで、あとは発生した土砂を周囲の湿地帯の埋め立てに転用し、まずは二ノ丸一帯の道路を整備し、堀や石垣を築造して、天守閣を完成させる(ここまでで実に5年を要した)。天守閣の完成後、藩主は松江城へ引っ越しを果たし、その直後の 1611年、69歳で堀尾吉晴は死去することとなる。以後、孫の忠晴が二目藩主として親政を敷いた。

松江市

なお、この松江城が築城されるまで、この西部エリアは、かつては大きな干潟が存在し、洗合山と亀田山を両端とする入り江が形成されていた。なので、毛利と尼子の抗争時代、荒隈城と末次城は直線的に存在していたわけではなく、 水軍による移動が必要な距離感を保っていたことになる。

毛利元就が 白鹿城 攻めに際し、当地に大陣地を構築した際、京都から公家らを呼んで茶会などを催したり、周囲の商人らがモノを売りに市を立てることを許可するなど、一つの町並みレベルの賑わいを醸成できたのも、こうした自然の防衛ラインが確保されていたためであった。

しかし、松江城の築城工事で、巨大干潟は西側の外堀へと形を変え、それ以外の地域は侍屋敷として開発されて(上古地図)、現在の平和な住宅街へと発展していくこととなった。

しかし、江戸期を通じ、松江の城下町は、何度も増水などで床下浸水の被害を受け、また地盤沈下などを加わり、過去に5回も盛り土を施して、その地盤維持に苦慮したという。

さてさて、古城エリアの散策後、一畑電車の線路と宍道湖沿いをさらに西へと駒を進めた。

松江市

宍道湖の先に、次なる目的地・満願寺城 が見えてくる。ここも、同時期に毛利軍によって築造された要塞跡である。

松江市 【後編】へ >>>

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us