『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2017年6月上旬 『大陸西遊記』~


日本島根県松江市(西 / 北部) ~ 松江市人口 16万人、島根県全体 一人当たり GDP 280万円


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  宍道湖に面する野戦城塞 ~ 満願寺城跡
  満願寺城の主郭と空堀跡
  尼子氏 vs 毛利氏 ~ 毛利方の島根半島奪還作戦
  佐陀川の運河掘削と西潟ノ内 ~ 昔と今
  常福寺と城山 ~ 毛利方 vs 尼子方 白鹿城攻防戦のはじまり
  巨大山城跡 白鹿城への登山
  白鹿城の各曲輪跡
  【豆知識】白鹿城 ■■■
  さらに巨大な山城 真山城跡
  【豆知識】真山城 ■■■



宍道湖の先に、満願寺城が見えてくる(下写真)。 ここも東隣の 荒隅城(洗合山城) と同様に、尼子討伐戦時に毛利軍によって建造された城塞跡である。

松江市


 【 満願寺城 】

宍道湖に面する急峻な独立系の小山に築かれていた野戦城塞で、宍道湖と中海を経由する尼子軍の水運交通を遮断、制圧するために湖畔の要所要所に設置された毛利軍拠点の一つであった。

松江市

現在、この丘の中腹には満願寺が設置されており(下写真左)、その解説板にもほんのわずかであるが城跡の説明が触れられていた。

筆者が訪問したとき、たまたま寺の住職さんが外で庭の手入れをされていたので、城跡について質問すると、寺の裏側まで案内してくれ、細い即席の山道を登ったところ(下写真右)、と教えられた。

松江市 松江市

即席の登り階段を上がりきると、狭い丘の頂上部には平坦な台地が広がっていた(下写真左)。だいたい、バスケットコートの半面ぐらいの面積だろうか。
また、小山は2~3段に掘削されており、堀切や土塁の跡がはっきりと地形に刻み込まれていた(下写真右)。

松江市 松江市

小山にいると、すぐ真下に宍道湖の荒波が打ち寄せる音が響き渡っており、まさに眼下は絶壁であることが伝わってくる。先の住職さんにも、真下まで崖が続いており、転落に注意するように何度も注意された。

実際、地面には落ち葉が広がっており、どこまでが台地部分で、どこからが崖なのか、まったく判別できず、ただ強烈な波の音だけが間近に聞こえるという、ぞっとする空間だった。
この絶壁は、横から見るとかなり内に抉られ、相当に波の侵食を受けているという。下写真右

松江市 松江市

この城塞も東隣の 荒隅城(洗合山城) と同様に、毛利軍が尼子氏の本拠地、月山富田城 を攻める際(1562年~)、島根半島の最大拠点「白鹿城(尼子十旗の筆頭)」からの富田城への水路、陸路の交通を遮断するために、北岸側に集中的に構築させた陣地群の一角を成したわけである。荒隈城(洗合山城)とともに、宍道湖北側の占領と戦力拠点の確保が企図されていたということは、裏を返せば、南岸側は尼子氏の勢力が強く、毛利軍がうかつに拠点確保できなかったことの証左と言えよう。

真山城まで築城して、白鹿城を攻略(1563年)した後は、島根半島での後方の憂いもなくなり、順次南下を進め、十神山城(尼子十砦)などを征服していく。こうして、尼子方は宍道湖畔の拠点を完全に喪失し、山中の富田城内で孤立無援に陥ることとなるのであった。

下写真は、満願寺城の山裾から松江城方面を臨んだもの。

松江市


 佐陀川の運河掘削

江戸時代前期に、松江城下から最短で日本海へアクセスできるように、山脈を切り開いて運河を通し、日本海の海水が直接、宍道湖に注ぎ込む形の大掘削工事が実行される。
下古地図の西側に描かれている、宍道湖と日本海をつなぐ運河の建設である。運河の途中に、大きな西潟ノ内も見える。

松江市

現在も、日本海とつながっており、船での航行が可能という。佐陀川の河口部には、木製の味のある橋が架けられており(下写真)、その下には名物のシジミの殻がたくさん落ちていた。

松江市 松江市

上流にも多くの漁船が停泊しており(下写真)、土手沿いにもシジミの殻がたくさん散乱していた。

松江市 松江市

下写真左は、佐陀川と周囲の平野部。下写真右は、西潟ノ内の遠景。満願寺城から眺めたもの。

松江市 松江市

さて、佐陀川を渡って、再び松江市街地へ戻ることにした。
同じ宍道湖沿いを進むのもおもしろくないので、市街地との間に横たわる緩やかな丘陵地帯の峠を越えてみた。
いろいろ試行錯誤してみたが、だいたいの勘で峠越えを完遂し、国道 37号線に到着できた。その道路沿いにあった餃子の王将で遅めの昼食を食べた。

松江市 松江市

そして、そのまま国道 37号線を北上し(上写真左は途中、松江城の外堀と交差したポイント。奥に松江城天守が見える)、途中から国道をはずれて住宅街の側道を直進し、みずうみ保育園や法吉ゴルフセンターの看板を東へ曲がって、あとは道なりに直進すれば、谷口の麓にある常福寺に行きつく。
上写真右は、この側道沿いにあった白鹿山城の正面登山口への案内板。


 常福寺

谷里の入り口付近(下写真左)にあった常福寺に立ち寄ってみた。
門前に、「芥川龍之介ゆかりの寺」「尼子氏ゆかりの寺」と銘打ってあるのだが(下写真右)、その背景などを解説する案内板が全くなかったので、ちょうど庭の掃除中だった住職さんに、その由来を質問してみると、「パンフレットがあるので、差し上げます」と言われ、貴重な資料を頂戴することができた。

松江市 松江市

下記は、そのパンフレットにあった解説文である。


白鹿山の麓にある曹洞宗白龍山常福寺は清光院の末寺で、開基・開山は不詳だが、もともとは白鹿城主・松田一族の菩提寺という。
白鹿合戦の時、城主・松田左近の末弟で住職であった普門西堂が、常福寺丸(寺の後背の山)に砦を構え、二の城戸(きど)の大将として奮戦、落城のとき自刃したと伝わる。
寺はこの合戦によって荒廃するも、1633年、清光院高巌永甫和尚が再建した。現在の本堂は明治40年代に改築されたものという。


どうやら、この常福寺の裏山にも簡易な要塞が建造されており、毛利軍の白鹿城攻めの前哨戦が行われたということで、写真に収めておいた(下写真)。
かなり小山ながら、その斜面はかなり急峻なものであった。

松江市 松江市

常福寺を出発し、谷口という名の通り、小川が山間部から流れ落ちてくる谷あいの緩い坂道を登っていく。
途中に寂しい感じの登山口を発見した(下写真左)。ここが白鹿城の谷口登山口という。あまりに頼りない細い道だったので、最初は戸惑ったが、ここで諦めるわけにはいかないので、登山を決行した。

 白鹿城

松江市 松江市

半信半疑ながら、草木の中へと分け入ってみると、それなりに人が通った跡の残る山道があり、一部には木製の階段も設けられていた。
夕方近い時間帯で、前日が雨天だったこともあり、山裾の草むらから、やぶ蚊がたくさん出てきた。 それを振り払いながら、山から流れ落ちる小川沿いに設けられた登山道を悪戦苦闘しながら登っていく。

現在、登山口は 3つ(下地図)ある。筆者は真山城との連続登山を視野に入れて、谷口方面からの登山を決行したわけである。

急な斜面を登り出してから、5~6分ぐらいで山の尾根に行き着く。ここには長谷口からの登山道ルートへの案内もあり(上写真右)、各ルートが合流するポイントのようであった。

松江市

この尾根は、白鹿山と小白鹿山との連結部分にあたり、ここが登山道の5合目にあたる。そして、再び登り始めると、間もなく、7合目に到着した。この辺りから、曲輪跡らしい平面が現れてくる。ここが、松江市の市街地を一望できる唯一のロケーショーンだった(下写真)。

松江市

8合目にも 曲輪 らしい平地部が広がり、約1~3m程度ずつ、小さな平面部分が段々に連なっている構造のようだった。他の曲輪への移動も快適にできるよう設計されており、城内空間が整っていたことが分かる。築城の歴史も結構、古いこともあり、そのあたりの利便性は常に高められていたのだろう。

松江市 松江市

そして、9合目と10合目が本丸曲輪にあたる。頂上部分に位置し、最も広いスペースを有していた(下写真左)。また、簡易な祠が設けられていた(下写真右)。

ここまでで、登山口から 15分弱ぐらいだった。

松江市 松江市

本丸曲輪内を一周、巡っている最中に気が付いたのだが、その斜面はあまりに急峻で驚嘆させられた(下写真) 。

松江市 松江市

ここは、尼子十旗の筆頭格を成し、最も堅城であったとされる。籠城戦では、井戸の地下水を巡る鉱山師らの地面下の戦いがあったことは有名なエピソードである。
下山は10分強で完了する、小柄な山であった。往復で合計 30分程度。


白鹿山(別名:白髪山、標高 154m)に、中世の城跡が残る。月山富田城 を本拠にして山陰山陽11か国に号令したこともある尼子氏の最大の支城で、「出雲十旗の第一」とされた白鹿城である。
城主・松田氏一族は、島根半島東部から中海、宍道湖の水運や、美保関(島根半島と境港の間の境水道)の関銭を支配する強力な勢力を誇ったが、後に尼子氏の配下に組み込まれる。
1562年、毛利元就の出雲侵攻にあたり、富田城防衛の最後の拠点となり、時の城主・松田左近将監誠保(尼子の頭領・経久の孫娘の婿)はよく防戦するも、翌年の秋、遂に落城に至る。 頼みの綱を失った富田城はやがて毛利氏の軍門に降り、山陰の覇者・尼子氏は滅亡に追い込まれたのであった。

松江市

山頂付近に本丸、大井戸、月見御殿(本丸跡の一段下の平地)などの跡が残り、周囲は急峻な斜面に囲まれていた。

 山頂
馬場と伝える平坦地の中央、一段高く、岩盤の露出した山頂に、往時には狼煙台か、砦があったと考えられているが、今日では合戦で落命した双方の将兵らの霊を弔う祠と地蔵尊が設置され、春と秋に祭礼や供養が営まれているという。

 大井戸跡
直径約 4mの窪地は土砂に埋もれて浅くなった大井戸の跡で、毛利元就は城内の水源を絶つべく、石見銀山の坑夫を動員し、井戸底に向けて麓から坑道を掘り進めたと伝わる。

 水の手
山頂東側の急斜面の中腹に湧き水の流れがあり、水の手と通称されてきた。毛利元就はここから坑道を堀り進め、この水攻めを知った松田方も山頂から穴を掘って迎え撃ち、上から埋め立てたと伝えられる。

 一の床、二の床、三の床
馬場から南に下りた三段の曲輪(防御陣地)をいい、正面を守ったところである。

 大白鹿山
本丸の南西方に二の城があった山で、城主の居館が建てられていたと推定されている。

 社日山
白鹿山の南東方に張り出した山で、常福寺川が流れる白鹿谷の入り口にあたり、大手門と二の城とを見下ろす砦跡があった。山頂にある社日(しゃにち)の小祠は城主の鎮守の一つだったという。

松江市

その他、白鹿山の西から北方には小高丸、大高丸、玄武山、天狗山など険峻な峰が続き、いずれの山頂にも城塞が設置されていた(下地図参照)。また、尾根道は真山城内から島根町や美保関町方面に通じており、食糧や物資の補給路であったとされる。



 真山城

さて続いて、谷川の上流に築城された白鹿池を通り過ぎると(下写真左)、 道が東西に分かれているので、案内板通りに東へ少し進むと、真山城の登山口の案内板が見えてくる(下写真右)。
ここは、白鹿城に比べて、標高が倍以上もあり、登頂だけで 1時間は優にかかりそうだった。レンタサイクル屋さんが 18:00に閉店するので、登山は断念し、ここから JR松江駅まで戻ることにした。

松江市 松江市

それにしても、こんな谷間の細い道に、どうして自動車の往来がこんなに多いのだろうと不思議に思っていたら、どうやらこの真山城のさらに東隣に島根ビジネスパークが誘致されており、その関係の車が通り抜けしているらしかった(下地図の右下)。

松江市

白鹿城攻略のために築城された、当初から毛利方の城塞であった真山城(新山城)であるが、 途中、山中鹿介が尼子再興軍を引き連れて、島根半島に上陸し(1569年8月6日)、最初に 忠山城 を占領して、対毛利戦争をスタートさせると、間もなくこの真山城も占領され、尼子再興軍の 本拠地に選定されてしまう。
しかし、最終的に布部山の戦い(1570年3月20日)以降、勢力を失った再興軍は、本拠地としていた 真山城 を放棄し(1571年9月8日)、同月中に島根半島の 鈴垂城 を経由して隠岐島へ脱出することとなった。


白鹿谷 を挟んで北東方向にある真山(256m)の山頂に中世の山城跡があり、平安末期に薩摩守平忠度が築いたのが始まりという。
毛利元就が出雲に侵攻して白鹿城を攻めたとき、吉川元春がこの山を奪って布陣する。
白鹿合戦の後、元春は多賀左京亮元信を配置して守らせたが、6年後、尼子の末裔・勝久を擁して主家再興の旗揚げをした山中鹿介らは、隠岐から出雲へ上陸し、ここを奪還して本営とした。しかし、奮戦も空しく1571年、再び、毛利勢に敗れて出雲を退去し、遂に帰ってくることはかなわなかった。

山頂には本丸跡があり、南へ向けて一の床、二の床、三の床と呼ばれる曲輪跡や野面積みの石垣がみられる。ここからの眺望はすばらしく、宍道湖や松江市、島根半島海岸や日本海が見下ろせる。
この本丸跡地に台石 2.7m、碑石 1.52mの高さの御影石造りの尼子勝久の記念碑がある。1923年、山麓の常福寺の住職・小川龍山師ら熱心な尼子信奉者たちと多くの賛同者の手で建立されたものという。


そのまま松江市街地を経由し、30分ほどで駅前まで戻ることができた。


松江市 【前編】へ >>>

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us