『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2017年3月上旬 『大陸西遊記』~


マレーシア・ジョホール州 コタ・ティンギ町 ~ 人口 20万人、 一人当たり GDP 11,000 USD


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  コタ・ティンギ博物館
  第二次大戦時のトーチカ跡
  ジョホール・ラマ要塞跡
  ジョホール・ラマ歴史博物館



コタ・ティンギ町


コタ・ティンギ町 へ

コタ・ティンギ町 コタ・ティンギ町

シンガポールとの国境イミグレを超えた、マレーシア側のイミグレ・ビル(JBセントラル)下にあるバスターミナル⑪乗り場から、227番路線バスで、Kota Tinggiへ往復してみる(8リンギ、1時間半。途中、ラーキン・バス・ステーションも経由)。

 JB Sentral ⑪ 乗り場
 Kota Tinggi、Ulu Tiram 行
 JB Sentral ⑩ 乗り場
 Larkin バスターミナル 行
 JB Sentral ⑨ 乗り場
 Kulai (古来) 行
 JB Sentral ⑧ 乗り場
 Kota Masai 行
 JB Sentral ⑥ 乗り場
 Taman Puteri、Taman Kota Putri 行
 JB Sentral ② 乗り場
 Jusco、Senai空港、レゴランド 行

現地到着後、
① コタ・ティンギ町内にある Kota Tinggi 博物館を訪問する。ジョホール川沿いに残るトーチカ跡も。
② それから、バスターミナルに戻って、Teluk Sengat地区へのバスに乗車
③ このジョホール川の湖畔に発展した港町は、かつてのジョホール王国の城下町であった。
④ この湖畔から、やや上に上がった地点にジョホール・ラマ要塞跡と博物館(無料、毎日 9:00~6:00 開館)がある。
⑤ 再び、Teluk Sengat地区へのバスターミナルから、コタ・ティンギ経由でジョホールバルへ戻る。

コタ・ティンギ町

アチェ王国、ポルトガル軍から、度々、攻撃をうけたこの要塞も、 ついに1587年、ポルトガル軍の侵攻で徹底に破壊され、そのまま放棄されることとなった。


~ ジョホール王国と王都ジョホール・ラマ ~

1402年の建国以来、インド洋交易の中継都市として栄えたマラッカ王国であったが、その栄華を強奪しようとするポルトガル軍により、1511年、本拠地の王都マラッカは陥落してしまう。王都を追われたマラッカ国王(スルタン・マフムード・シャー)は、ビンタン島(シンガポールの南側の島)へ落ちのびるも、翌1512年にポルトガル軍の追撃を受けることとなる。

その後も、ビンタン島を拠点として、1526年まで繰り返し、マラッカ奪還の攻撃をしかけるも、ことごとく失敗し、最終的にビンタン島を脱出してマラッカ王国時代の属領であるスマトラ島のカンパルへ落ちのび、1528年にここで失意のうちに崩御する。

スルタン・マフムード・シャーの王子(次男)であるラジャ・アリは、スルタン・アラウディン・リアヤット・シャー二世(在位1528~1564年)と名乗って、新スルタン(国王)に即位する。自身の任地であったマレー半島南端(ビンタン島を含む)のジョホール川沿い(ウジョン・タナと呼称されていたエリア)に残党勢力を再結集させ、新たに王都を設置する。これが、ジョホール王国の誕生とされる。

実質的に、王国は王都と勢力圏を移転しただけで、これまでの王権体制がそのまま踏襲されたものであった。なお、この地に王都が遷都されたために、後に「宝石」を意味する「Jauhar (Jim,Ha,Ra) 」と通称され、その土地の人々が「ジョホール」と発音するようになった、とされる。

1529年、最初の王都は、現在のコタ・ティンギ町からさらにジョホール川を 11km 遡ったHujung Tanah(通称:Pekan Tua)に開設される。同時に、下流域の防衛戦線として、 Kota Karaに最初の要塞が建造される。

1535年、400名から成るポルトガル軍(総大将 Estavao da Gama)がジョホール川へ侵攻する。
前線基地のKota Kara要塞は艦砲射撃を受けるも、守備軍はその攻撃を耐え抜いた。それから数日後、ポルトガル軍は一帯に上陸し、要塞を取り囲んで一斉射撃を加えるも、ここでも成果なく撤兵することとなった。

コタ・ティンギ町

この初戦の防衛戦勝利で士気の上がったジョホール軍は、要塞から打って出て、ポルトガル船団への急襲を試みるも、ポルトガル軍の集中砲火の前にマラヤ軍は散々に打ち負かされ、要塞も占領され破壊されてしまう。

この大敗を聞き及んだ国王アラウディン・リアヤット・シャー二世は、ポルトガル軍のさらなる進軍を恐れて、王都をジョホール川のさらなる上流であるSayong Pinangへ移転させている。

彼の重臣で右腕でもあった Seri Nara Dirajaが、間もなく死去すると、国王は再び、Pekan Tuaへ戻り、王都の再建を開始する。しかし、すぐに400名からなるポルトガル軍(総大将 Estêvão da Gama。その直前に、実弟の Paulo da Gamaとその従者 30名余りの兵士らが、別の地でマラヤ軍により殺害されていた。その報復戦)の攻撃を受けるも、直後に、ジョホール王国側とポルトガル軍との間で和平条約が締結される。

こうして、一時的にせよ平和が回復されたため、国王はジョホール川の河口部に近いジョホール・ラマへ王都を再遷都する(1540年)。下地図。

コタ・ティンギ町

ジョホール王国はポルトガル勢力以外にも、スマトラ島北部を拠点としていたアチェ王国とも反目し合っており、1539年には、ジョホール王国の属領であった Aru王国(スマトラ島東部)が攻撃を受ける。その攻撃軍は、160もの軍船に搭乗した12000名の兵士ら(アチェ人、マラッカからの流民、トルコ人ら)で構成されていた。

ジョホール王国のアラウディン・リアヤット・シャー二世は、同盟国ら(Perak王国とSiak王国)と共に軍船を派遣して、占領されていたAru地方へ侵攻する(1540年)。 瞬く間に、Aru地方を再平定すると、わずか14隻のアチェ王国側の軍船を除いて、すべてを撃沈し、さらに数千にも上るアチェ軍の兵士らをせん滅した。この戦いは、Sungai Panehの戦いと通称され、マラッカを喪失して以降のジョホール王国史上、最も華麗なる大勝利となった出来事であった。

しかし、1564年、Alauddin al-Qaharの率いるアチェ王国軍は再びAru地方へ侵攻し、当地のジョホール王国軍を敗走させ、領土を併合してしまう。さらに勢いに乗るアチェ王国はそのままジョホール王国の本拠地であったジョホール・ラマへ攻撃をしかける。

王都ジョホール・ラマと要塞は蹂躙され、ジョホール王国の初代国王アラウディン・リアヤット・シャー二世は捕虜となって、アチェへ連行されることとなる。後に国王は処刑され、Marhum Syahid di Acheh の送り名を冠された。リアヤット・シャー二世の後継として、その子の Muzaffar Shah II がジョホール王国の第2代国王に即位する。

コタ・ティンギ町

しかし、その後も、ジョホール王国は常に、ポルトガル勢力(マラッカを拠点として海峡交易の独占を図る)とアチェ王国(スマトラ島北部)、ジャンビ王国という周辺の敵対勢力に脅かされていた。度々、戦火に巻き込まれたジョホール王国の王都は、ジョホール川を転々とし、またリアウ・リンガ諸島へも幾度も遷都される。

また同時に、ジョホール王国はポルトガルのマラッカを奪還すべく、何度も攻撃をしかけるも全て失敗に終わり、最終的に1718年、王国は滅亡する。

その後、セレヴェスを拠点に海上貿易や海賊活動を展開していたブギ人が新興勢力のオランダに対抗すべく、マレー半島の先にあるビンタン島のリオウにジョホール王国のスルタン(国王)を再興する(通称、ジョホール=リオウ王国の誕生)。

コタ・ティンギ町

以後も、マラッカ海峡の中継貿易で活動し、王位(スルタン)はマラヤ世界の象徴としての権威を保持し、オランダ勢力と対抗した。しかし、政治の実権は、マラッカ王国以来、マレー半島南端を地盤としてきた有力豪族であるトゥムンゴン家とブギ人から選出される副王らに握られており、 スルタン(国王)の宗族をめぐって度々、対立が生じ、オランダとイギリスの介入する隙を作ることとなった。

内紛の中でスルタンはイギリスのラッフルズの圧力に屈し、1819年、シンガポール島へのイギリス商館建設を認める。その後も、ジョホール=リオウ王国は分裂状態が続き、その勢力は弱体化し続けた。最終的に1824年のイギリス=オランダ協定により、ジョホール=リオウ王国はジョホールとシンガポール、リオウとリンガ諸島に分割され、 前者はイギリス、後者はオランダの勢力圏に組み込まれるに至る。

コタ・ティンギ町

1862年、トゥムングン家(マレー半島南端の有力豪族)出身のアブ・バカールが、皇室を差し置いて、ジョホール王国のスルタンに即位する(皇帝の称号は1866年に正式授与)。

マレー半島の他の諸州が次々と植民地化されていく中で、アブ・バカール率いるジョホール王国は国家体制を維持し、華僑資本と協力して独自の経済開発を推し進め近代化を図った。 アブ・バカールはシンガポールの対岸にあたるマレー半島南端に港湾を建設し、1884年、その港をジョホール・バルと命名する。 王宮もジョホール・バルに遷され(1886年完成)、1894年には憲法を発布した。

こうした一連の偉業から、第21代国王のアブ・バカールは今日、「近代ジョホール」の父と尊称されている。現在も国王(スルタン)は 継承され続けており、ジョホール・バルに居館を有する。


お問い合わせ

© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us