『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2015年6月中旬


台湾 嘉義市 ~ 域内人口 27.5万人、台湾全体 一人当たり GDP 22,000 USD


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  嘉義県城(諸羅県城)
  北門エリア
  南門エリア
  城皇廟と蘭井街
  東門エリア
  西門エリア
  日射塔と嘉義公園
  嘉義市遺跡資料館と嘉義市博物館
  獄政博物館
  獄政博物館入り口のモニュメントが。。。これ要らないでしょ。。。
  嘉義市の歴史



【 嘉義県城(諸羅県城) 】

嘉義県の旧市街地にあった嘉義県城であるが、古くは諸羅県城と呼称されていた。1787年に清朝皇帝から直接、改名を賜った地として、台湾島では唯一の例となっている。

嘉義市

本城は清代に3回にわたって拡張工事が進められたという。上地図では、黄色線は竹製の防柵時代、オレンジ色線は竹と土塁による混合時代、赤色線は最後の石積み城壁時代の城域を表している。その変遷史を俯瞰してみると、南門は常に不動の位置であったようだ。

下の写真は、諸羅県から嘉義県へ改名された直後の工事で完成された、竹や木材と土塁による混合城壁時代のものだ。

嘉義市

嘉義市

最終的に清末期の 1878年、石積みの城壁が建造されるも、日本植民地時代の1906年に嘉義大地震が発生し、西門、北門、南門全てと城壁のほとんどが倒壊してしまう。このとき、東門だけは難を逃れたものの、後に撤去され、その台座は嘉義市公園へ移設されたというが。。。公園内にはそれらしい遺構は見つけられなかった。

下写真は、石積み城壁時代の北門跡付近。それぞれの城門があった場所は、円形広場になっており、分かりやすい。

嘉義市 嘉義市

ちなみに、下写真右は、北門付近にあった嘉義市の市役所庁舎。市街地すべてが古城時代の落ち着いた雰囲気を醸し出す中で、この建物だけが1世紀先を進んでいるかのようなデザインだった。

嘉義市 嘉義市

下写真 は、南門跡の一帯。やはり円形サークル状の路地となっている。この嘉義市の特徴として言えるのは、各城門跡の一つ外側の路地名が、それぞれ南門街、北門街、西門街、東門街などと命名されており、城壁内の路地名には一切、古城を偲ばせる地名を発見できなかった点だろうか。

嘉義市 嘉義市

南門外にあった崇陽古道(下写真)。風鈴がビンで自家製されていた。こういう生活の知恵的なもの、筆者は大好きである。

嘉義市 嘉義市

この街の 城皇廟 は規模が相当に大きかった(下写真左)。門前町もしっかり発達しており、地元社会のつながりの深さが感じられた。
この裏手に蘭井街という路地があり、ここにオランダ人が開拓時に掘削したという井戸跡が残る(下写真右)。なんかお店の軒下にギリギリある、という印象。

嘉義市 嘉義市

下写真左は 東門跡。やはり円形サークルの広場となっていた。
また、下写真右は、道中に発見した慈覚寺の廟。古い日本家屋が改造されて現役で使用されていた。

嘉義市 嘉義市

下写真左は、西門跡 付近にあった、奇抜な銀行ビル。思わずシャッターを切ってしまった。
下写真右は、地元民が桃尻と呼ぶ交差点。かつての古城が桃の形をしていたことから、桃城と別称されており、その名残が残る地区。

嘉義市 嘉義市

どうやら、嘉義市は台湾島での野球の発祥の地らしい。上写真右の「桃尻」交差点中央に、野球の投手の記念塔が立っていた。

ここから鉄道駅まで歩いて帰る。だいたい10~15分。
下写真は、射日塔 から古城地区を臨んだもの。

嘉義市


  交通アクセス

台北市 からバスで350ドル。4時間強。
筆者は、彰化 鉄道駅から列車で嘉義市に入った。 142ドル。所要時間 1時間15分。指定席だったが、車内はガラガラなので、実質的に自由にどこでも座れる。
嘉義鉄道駅はちょうど古城の西あたりに位置し、古城地区までは徒歩10~15分程度。



【 日射塔と嘉義公園 】

この嘉義公園一帯には、かつて、原住民の集落があり、また丘の上には祭壇が設けられていたようである。明末にオランダが台湾島へ上陸し、この集落地を攻撃、占拠する。その後、東側の王田里一帯に農園開拓が進められたという。その跡地が写真一帯。

嘉義市

今日、原住民の祭壇があった跡地に、日射塔が立つ(下写真左)。嘉義市は北回帰線上に位置しているらしく、夏至の日(毎年6月23日前後)の正午、太陽がこの真下に入るように設計されているようだ。実際には、もう少し南側に本当の天体観測所が設けられており、ここが北回帰線の真下となっている。ちょうど、台南へ向かう鉄道線上の進行方向右手に見えてくる。

嘉義市 嘉義市

日射塔へ登ってみた(上写真左)。50元。エレベーターで10F。11Fにカフェ、12Fは屋上庭園&展望台となっていた。
上写真右は、嘉義公園内にあった孔子廟。もともとは旧市街地区にあったが、移築されたという。

なお、この嘉義公園自体は日本植民地時代に造成されたもので、主に日本人らの憩いの場所とされていたらしい。当時は、児童公園、嘉義神社、斎館、社務所などが設置されていたという。


  交通アクセス

嘉義鉄道駅からタクシーで125ドル。バスだと、24ドル。だいたい1時間に一本の割合で運行されている。規模の小さな町なので、バス運行数が少なく、利用は大変だ。ちょうど嘉義公園の正面入り口にバス停がある。ここが終着点となって、嘉義鉄道駅との間には路線バスが走る(24ドル ← それにしても、中途半端な数字だ!!)



【 嘉義市遺跡資料館 】

嘉義市 嘉義市

日本植民地時代、嘉義公園内に設置されていた嘉義神社の社務所として併設されたのが、今に残る嘉義市遺跡資料館という。純日本風家屋である。なんか広間は武道の道場みたいな造りだった。
戦時中の1943年に建設されたということだ。


【 嘉義市博物館 】

台湾の地質や地震に関する展示、太古の化石などがメイン。現住民や明清時代の展示はわずかのみ。

台湾島自体が地震によって形成されてきた様子が詳しく解説されていた。今でも台湾島南部の半島は山々が海岸線のギリギリまで張りだした地形をしているが、あと数万年もすれば、西側は台中市や台南市のような平野地帯を形成し、台湾島は南西側へ大きく拡大されている様子がイメージできた。台湾島はプレートに乗っかって、東側から山脈が作りだされ、自然に削られて、西海岸線方面へ平野部を拡大してきたわけである。


【 獄政博物館 】

12:00~13:30は昼休憩で閉まっている。
解説員が同伴するグループ・ツアー形式(約45分)。単独での視察は不可。
下は監獄全体のミニチュア模型。一番下の中央にある白い屋根の建物が正面入り口。そこから上に面会所、監獄長室などの基幹的な建物があり、放射線状に3つの牢屋棟が続く(最大収容人数は700人)。後方の別棟の建物群が作業場となっている。

嘉義市

下写真は、牢屋棟の中とその個室。

嘉義市 嘉義市

下写真は、刑罰板。むち打ちの際に固定したという。右写真は、面会室の上にあった神棚。

嘉義市 嘉義市

ここは、日本植民地時代の1919年に着工、1922年から運用が開始された監獄という。台湾独立後も1994年まで使用されていた。冬の風呂は寒かったと解説員が話していた。
下写真左は作業場内のトイレ。男女それぞれ作業場所は分けられており、ニーハオ便所でも問題なかった。
下写真右は、作業場の横にあった簡易な防空壕。到底、全囚人が避難できる広さではない。

嘉義市 嘉義市

監獄内には、丁寧にも 3歳以下の幼児を持つ女性監獄囚専用の部屋や作業所があった。
ここで、45分のツアーは終わり。訪問客のグループ一向は汗びしょびしょで早く終わってほしそうな感じだった。。。。

嘉義市 嘉義市

最後に獄政博物館の正面入り口前の駐車場にあった囚人人形たち。
いや、こういうモニュメント、特に求めてないんだけど。。。。と一人突込みしてしまった。


なお、嘉義市のような地方都市でも、日本食レストランは非常に多かった。また、若者が多い都市であった。台湾は少子化が激しいと聞くが、この若者たちはいったいどこから現れたのであろうか。


嘉義市の歴史

嘉義市のもともとの地名「諸羅県」は、当初から存在していた 原住民系の平埔族の集落地「Tirosen」社を、漢族移民らが「諸羅山」社と翻訳したことに由来する。 東方に山々が連なっている(諸山が羅列する)地区、という意味から漢字が当てられたとされる。

1661年、鄭成功がオランダ勢力を駆逐し、台湾に独立政権を打ち立てると、主に台湾島の南部を支配エリアとした。
かつてのオランダ側の プロヴィンティア城塞(現在の台南市内に残る赤崁楼)跡に承天府を開設する。ここを王都とし、その下に万年県(1664年に万年州へ改編)と天興県(1664年に天興州へ改編)の2県が設置される。天興県と万年県は新港溪(今の塩水溪)を境として県域が南北に分けられており、今の嘉義市一帯は天興県に属した。

嘉義市

しかし、1683年に清朝が台湾島への総攻撃を開始し、鄭氏台湾は降伏する。
翌1684年、清朝は 承天府 跡に台湾府を設置し、引き続き、現在の台南市が台湾島の首都とされることとなる(福建省 に帰属)。その下に、諸羅県(鄭氏時代の天興州:今の台南市佳里鎮内に開設)、台湾県(今の台南市中西区内に開設)、鳳山県(今の 高雄市 左営旧城内に開設)の3県が配された。後者の2県は鄭氏時代の万年県(万年州)が分割されたものである。

1704年、諸羅県 役所が佳里里から諸羅山(今の嘉義市の中心部の旧名)へ移転される。その管轄県域は広大で、現在の嘉義市から台湾島の北半分全域すべてを統括することとされた。

なお当初、城壁が設置されることはなかったが、台湾原住民ら(平埔族)の襲撃が続き、諸羅県長官の宋永清により木柵と竹柵を組み合わせた簡易な城壁が建設されることとなる(上古絵図)。
ちょうど城郭が桃の形に似ていたことから、桃城の通称で呼ばれるようになっていったようである。その名残は今日も継承され、今の中央七彩噴水の一帯は「桃仔尾」と呼称される習慣が残っているという。

嘉義市

1723年、諸羅県長官の孫魯により、城郭の周りに濠が掘られ、その土を使って、木柵の城壁が土壁へ改修される。
1727年、諸羅県長官の劉良璧は城門上に楼閣を設置し、また濠をさらに深くする工事を進める。あわせて、東西南北に城門が建設され、それぞれ東門「襟山門」、西門「帯海門」、南門「崇陽門」、北門「拱辰門」と命名され、その楼閣上に砲台も設置される(上古絵図)。

1734年には、諸羅県長官の陸鴻が土壁の外側にイバラを植樹して、さらなる防備体制の強化を図った。

1786年、林爽文による反清挙兵があり、諸羅城が包囲される。清側の守備兵らとともに住民、原住民らが助け合って籠城し、10カ月間、持ちこたえ、反乱軍を撃退することに成功する。
清朝の第六代皇帝であった乾隆帝はこの功績を称え、「嘉其死守城池之忠義(城を死守した忠義の魂)」の詔を発し、翌1787年に諸羅県から嘉義県へ改称されることとなる(下古絵図)。

嘉義市

この後、さらに城壁の高さ、厚みが強化される増築工事が進められる。また、城郭の外側には3重の土塁が増設された。

1878年、嘉義県長官の単瑞龍により、土壁の城壁が石積みに改修される。あわせて、城門部分には月城と矢間が増築される。
1885年、台湾島自体が福建省から分離され、福建台湾省として独立行政区となる。 1887年には、台湾島に3府(台北府、台湾府、台南府)が設置されるに及び、嘉義県は、今の 台中市 中心部に開設された台湾府の管轄下に組み込まれた。

日清戦争を経て1895年、台湾島は日本に割譲され、日本統治下に置かれることとなる。
1906年に嘉義大地震が発生し、嘉義の城壁都市は大被害に見舞われる。このとき、東門を除く、すべての城壁や城門類が倒壊してしまったという。
この復興支援を兼ねた日本による都市計画を経て、工業や商業、鉄道開通などの近代化が進められることとなる。
最終的に1930年、嘉義県は嘉義市へ昇格され、今日に至る。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us