『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2015年6月中旬


台湾 高雄市 ~ 域内人口 280万人、台湾全体 一人当たり GDP 22,000 USD


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  鳳山県城(左営旧城)とその歴史
  東門エリアと馬道跡
  南門エリアと城壁、外濠跡
  蓮池潭公園内の北側城壁の跡
  かつては塩田地帯、そして旧租界エリアへ(旗後砲台と駐打狗イギリス領事館跡)
  鼓山エリア
  高雄市の歴史



鳳山県城(左営旧城)

高雄市

近代に入るまで、蓮池公園は海岸線の一部であった。鄭氏台湾が建国された当初、この海岸線上に水軍施設が設置されていたという。
ただし、この左営の地(かつては興隆庄)に初めて城郭が築城されたのは、鄭氏が清朝に降伏した直後の1683年のことであった。清朝により、鄭氏の水軍拠点の一つであった興隆庄に簡易な鳳山県役所が開設され、1722年に勃発した民衆反乱の直後に土壁による城壁が建造される(台湾初の土壁)。
1787年の林爽文の反乱の際にはこの鳳山県城は落城の憂き目に遭い、翌年に平定された後、荒廃した鳳山県城は放棄され(旧城と呼ばれるようになる)、新たに埠頭街(今の鳳山市)に新城が築城される。下地図。

高雄市

しかし、1806年、蔡牽(1761~1809年)率いる海賊団の襲撃を受け新城は落城し、さらに1824年の民衆反乱で完全に破壊されるに及び、1825年、鳳山県役所は再び旧城地区へ戻されることとなった。このとき、かつての古城地区を懐かしむ住民らは歓喜し、その古城修築の全費用の73.15%が住民らの寄付で賄われることとなったという。城域は山沿いからより海岸線沿いへ移動され、その敷地も亀山をまるごと囲んでしまう大規模なものへと拡張される。その城壁は石材とレンガ積みとなって、翌1826年に完成を見る。

当地は海岸の港地区にも近く、市街区が大いに繁栄するに伴い、打鼓山付近で盗賊が出没するようになる。しかし、清の駐在兵員は未だ埠頭街(今の鳳山市)の新城地区に大部分が残っており、せっかく改修した旧城もその防備力を発揮することかなわず、最終的には1847年に再び、鳳山県役所は新城側へ移転されることとなってしまう。1853年の林恭の乱に際し、この新城での籠城戦が勝利したことをきっかけに、本格的な政治・経済拠点の新城側へのシフトが進み、このころから海岸線近くに残された左営旧城地区は寂れていったようである。

高雄市 高雄市
上写真 はかつての南門と北門付近。

高雄市 高雄市

東門には騎馬が城壁まで登れるような坂道(馬道)があり、かつての名残という(上写真左)。台湾島内でこの馬道が現存するのは、恒春古城 北門 とこの凰山県城東門(上写真右)だけという。

東城門上にはかつて楼閣が建っていた台座が残されていた。

下写真は 南門。ここは城門楼閣が現存する。

高雄市 高雄市

また、城壁の前には外濠が巡らされていたようである(下写真左)。城壁と外濠の間に、城内の運河と連絡する水門跡も見られた(下写真右)。

高雄市 高雄市

東門から南門に至る城峰路沿いは、城壁と外濠がほぼ完全な形で保存されていた(下写真)。

高雄市 高雄市

下写真左は、蓮池潭公園内に残る 北側城壁 の一部。ちなみに、蓮池にそびえ立つ七重の塔(下写真右)は上ることができる。

高雄市 高雄市


  交通アクセス

高雄鉄道駅からはバスが便利。

245番バス:1時間に一本の運行。12ドル。高雄駅の西回り。所要時間20分。
南門あたりで下車できる。バス停「北広場」で下車。一つ前のバス停「果貿社」を過ぎた直後に、車窓から南門が見える。南門から東へ延びる城峰路沿いに城壁と外濠がある。東門まで来ると、城内は象山公園となっている。

301番バス:30分に一本。12ドル。高雄駅の北周り。東門沿いの城峰路沿いで下車できる。所要時間20分。

もしくは、国鉄線の左営駅からでも徒歩10分。地下鉄駅からだとやや遠い。

下写真は、高雄旧市街地の台山(鼓山区)から古城地区を眺めたもの。

高雄市




高雄市内の旧租界地区

かつての高雄港、および旧租界地区まで移動した(下写真右)。

以前は列車の車庫や貨物駅があった場所であるが、今は市民公園や遊歩道に再整備されていた。線路をそのままにして緑地化しているアイデアはなかなか面白い(下写真左)。

高雄市 高雄市

たくさんの市民らが凧上げや、犬の散歩、家族だんらんを楽しんでいた。凧上げだが、凧をレンタルする業者が公園内に陣どっていたのには驚いた。わざわざ凧揚げするために、凧をレンタルして公園内の市民らは遊んでいるのだった。

高雄市

この港湾部分は租界地区を兼ね、開港当初、多くの多国籍企業が事務所や倉庫を構えていたらしい(上写真)。また、イギリスが台湾島内で初めて洋館を建てたのも、この打狗英国領事館らしい。

高雄市 高雄市

現在、租界地区(洋行区)一帯はきれいに整備されていた。上写真左は鼓山漁港の上流地区。この下流域に港湾地区があるわけであるが、開港前は、塩田地帯であったらしい(上写真右)。

この先の海の対岸にある岬に 灯台 や清朝末期の砲台砦跡がある。


  交通アクセス

列車で 台南 から高雄へ移動。片道106ドル。指定席の快速列車で35分。

高雄駅前の路線バス乗り場より、56番バスに乗車。このまま終点の台山(鼓山区)へ向かう。終点は動物園だが、ここから徒歩で下山すると、美しい高雄市の遠景が眺められる。

高雄市

地下鉄の西子駅で下車後、徒歩5分ほどで旧港湾地区、凧上げ公園へ行ける。



高雄市 高雄市

六合夜市の西側にある自立二路沿いのステーキ店は、とても良心的なお店だった(上写真左)。ボリューム満点、スープ、ジュースはおかわり自由で、ステーキが90~150元で食べられる。男にはうれしい内容だと思う。


高雄市の歴史

オランダ人が台湾島に入植する以前、高雄平原一帯には、平埔族系のシラヤ族などが割拠し、大傑巓社、阿猴社、放索社、打狗社などの集落地を形成していたとされる。山岳地帯では、曹族、排灣族、布農族、魯凱族らが生活する空間となっており、棲み分けが行われていたようである。

中国大陸が明王朝の治世下のころ、中国系、日本系の海賊らが台湾島沿岸に拠点を設けるようになる。
200年間ほど、東アジアの海を荒らしまわった倭寇の活動も、中国で清朝が、日本で江戸幕府が誕生し、治安と交易体制の確立が図られて以降、急速に終息されていった。ちょうど、同時期の1624年、オランダ人が台湾島へ上陸する(清朝との交渉で澎湖諸島の拠点を台湾島へ移転してきた)。
オランダ人は早速、現在の台南市の安平の地に ゼーランディア城(熱蘭遮城)を築城する。1635年ごろまでには、原住民の平埔族らを撃退し、支配地域を内陸部まで拡大していった。

当時の打狗(高雄市)にはすでに漁港が形成されており、多くの漁民らが生活していたとされる。当時、すでに台湾南部でも屈指の大漁港、水上交易集落となっていたようである。

高雄市

1661年、鄭成功がオランダ東インド会社の勢力を駆逐すべく、台湾島へ上陸を果たす。しかし、翌1662年、対オランダ戦の傷がもとで鄭成功は死去し、子の鄭経が後を継ぐ。

鄭経の台湾経営はほぼ南部に集中しており、旧オランダの要塞跡に 承天府(王都)を開設し、また地方行政の監督庁として、万年県と天興県を設置していく。このとき、万年県の県役所が埤子頭(今の左営区の港湾部)に開設され、現在の高雄市エリアも含めた台湾島の南端部一帯を監督することとされた。

特に、鄭氏の統治時代、台湾島に中国文化がもたらされ、大いに都市と文化の発展を見ることとなる。また、多くの大陸からの兵士が土地の開墾に振り分けられ、この時期、「屯田」と名のつく地域が数多く誕生することとなる。

1664年、鄭経は台湾統治制度を大陸風に改めるべく、万年県を万年州へ、天興県を天興州へと改編する。
しかし、1681年に鄭経が40歳の若さで病死し、その子の鄭克塽が後を継承するも、1683年、ついに清軍の大侵攻を受け降伏するに至る。

台湾島を接収した清朝は、すぐに承天府を台湾府へ改めて、その統治下に 諸羅県、台湾県、鳳山県の3県を新設する(福建省に所属)。鄭氏台湾時代の天興州が諸羅県へ改名され、万年州が台湾県と鳳山県の2県に分割されたわけである。

高雄市

このとき(1683年)、清朝は鳳山県役所を興隆荘(今の左営)に開設し、「鳳山県城」を築城している。以降、周辺の漁業や水上交易はますます発展し、多くの集落が誕生していく。打狗港(今の高雄港)は1680年代ごろにはすでに有名な港湾都市となっており、清朝末期の対外開放時代においては、列強諸国からの通商要求で開港させられた港町の一つに指名されるほどであった。開港後、多くの外国資本が打狗の町に進出するようになる。

高雄市

日本統治時代の1920年、「打狗(犬を殴る)」の漢字名があまりに下品であるということで、日本語の発音に近い「高雄」へと改名される。 1924年には高雄郡から高雄市へと改編され、市制がスタートされた。

お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us