『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2016年12月中旬


台湾 宜蘭県頭城鎮 ~ 域内人口 3万人、台湾全体 一人当たり GDP 22,000 USD


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  復元された日本植民地時代の駅舎と駅員用宿舎
  慶元宮、最古の廟所(1796年創建)
  南門(福徳祠)と小規模商家群
  北門(福徳祠)と十三行遺跡
  盧纘祥の邸宅跡
  かつての海岸線と史雲湖
  烏石港と頭城(頭圖)の没落
  烏石港に残る日本軍のトーチカ跡
  頭城鎮の歴史




頭城鎮エリアであるが、蘭陽平原で最も早期に漢民族らが入植した地区で、当時、蘭陽平原の唯一の商業港であった鳥石港の第一の後背地として、大陸中国と台湾北部との交易の活発化にともない、大いに繁栄した地域であったようである。


  交通アクセス

 鉄道にて、宜蘭 駅から頭城駅まで移動してみた。
 1時間に1~2本程度しか列車がなく、時刻表の確認は必須だ。
 それにしても、台湾国鉄のチケットカウンターのスタッフは、いつも不愛想な人ばかりだ。これは老若男女、変わらない。
 筆者は、15:03発の普通列車(乗車券 21ドル)に乗車し、15:20に頭城駅に到着した。




頭城駅 にて下車後、すぐ隣にある日本植民地時代の駅舎と駅員用宿舎エリアを散策してみた。

そもそも頭城鉄道駅が開通したのは1920年4月といい、当時はまだディーゼル列車が全盛で、駅の周囲には燃料の石炭が山積みとなっていたという。鉄道時代に入っても、当地が蘭陽平野の入り口として交通の要衝であり、駅長、その家族、駅の従業員らがここで生活を共にしていたらしい。下写真。

頭城鎮 頭城鎮

第二次大戦後に台風被害で破損し、そのまま荒れ放題で放置されていたそうだが、2005年10月に史跡保存が決定され、復元されたという。
今では 土産物屋 と住民や学生らの創作活動センターに転用されていた。

頭城鎮 頭城鎮

そのまま正面の沙成路を前進して、慶元宮にたどり着く(上写真右)。
ここは、頭城鎮で最古の廟所(1796年創建)という。大規模な移民が蘭陽平野へ移住して最初に建てた廟で、道教の女神「媽祖」(航海・漁業の守護神)が祀られている。

ちょうどこの年は、呉沙が一族や流民らを引き連れ、淡水エリアから河川や山脈を乗り越えて、蘭陽平原に到達し、当地に入植した、まさにその年にあたる。

頭城鎮

さてさて、この慶元宮の本殿と中庭の中央部を走るのが 和平路 である。まさに、頭城鎮の旧市街地でメインストリートを成した通りである。

ここを南門(福徳祠)側まで進み、旧市街地を撮影していく。

頭城鎮 頭城鎮

旧市街地の南側は当時の小規模な商家らが集積したエリアで、北側に見られるような広大な空間を有せず、その家屋が密集して集落が延伸されていった様子が想像できる。

頭城鎮 頭城鎮
頭城鎮 頭城鎮

そして、南門(福徳祠)から折り返し、北門 側へ散策してみた。

北門(福徳祠)前に連なる十三行遺跡の並びが特に有名である。
もともとは、頭城エリアの大商家であった盧家の倉庫が連なっていた場所だそうだ。
なお、メインストリートの南北に福徳祠が設置されたのは1863年とされ、現存する建造物は1916年製という。富の流出阻止祈願と地元の境界線を兼ねたという。

頭城鎮 頭城鎮

今日では、住居へ転用されており、また、営業活動している家屋まであった(臭豆腐の販売店)。その隣では廃墟となっている家屋もちらほらある。

頭城鎮 頭城鎮

和平路 の中間地点にある巨大屋敷、これが盧纘祥(1903年10月~1957年5月26日)の邸宅という(下写真)。北側の十三行の倉庫群の元オーナー家だ。

頭城鎮 頭城鎮

事業に成功した盧纘祥は、史上初めて民主選挙で選出された宜蘭県の長官であり、当地の商工会の開設や文化振興活動に積極的に従事した人物という。当邸宅は1928年に台湾総督府から直々に派遣された宋組平が設計に携わった。日本植民地政府は、当地のシンボル的な建築物の設置を目論んだのだった。
その敷地は広大で、清代からの素朴な閩式屋敷(福建省の客家)の伝統性を保持しつつ、日本植民地時代に流行した和式の屋根に、西洋式の窓枠と白壁、その装飾が特徴的である。
その圧倒的な華麗さは、現地で「盧先生のように金持ちになれても、こんな贅沢な屋敷はもてない、もしくは、盧先生と同じような屋敷を持てても、彼と同じような金持ちにはなれない」という諺を生み、現在 にも言い伝えられているという。

頭城鎮 頭城鎮

この邸宅の前に池(史雲湖)が設けられており、雨天にもかかわらず、青年たちが釣りをしていた。

頭城鎮 頭城鎮

ここは、かつての海岸線をイメージして保存された水域で、かつては和平路ギリギリまで海岸線が迫っていたことを物語る。下絵図

頭城鎮

1878年夏の大洪水により、烏石港と直結した内陸河川がせき止められ、さらに 1883年2月3日、米国籍の大型木造商船が烏石港の入り口で座礁・沈没し、港湾の出入り口が完全に封鎖されてしまうと、長らく蘭陽平野における唯一の交易港として君臨してきた烏石港は瞬く間に機能不能となり、これにあわせて頭城(頭圖)エリアの落日が始まることとなった。

しかし、財力のある頭城鎮の商人たちは自分たちの集落地の眼前の海岸線に港湾施設を建設し、荷揚げ活動を継続する。
現在の海岸線の地名「大坑」は、この当時に命名された頭圖の港湾エリアの名称である。

しかし、日本植民地時代の1924年、山間部からの土砂洪水のために大坑の港湾地区も埋もれてしまい、代わりに海岸線が大幅に後退して、陸地が広がることとなる。こうして形成された沼地や湿地エリアは水田へと開墾され、戦後に住宅地へ改編されて、古の港湾都市の風景は一変してしまったわけである(下は現在の地図)。

頭城鎮

こうして完全に交易港、貿易都市としての機能を喪失した頭城鎮は、その200年余りに渡る栄華の記憶を、現存する旧家屋・倉庫群に托し、観光資源としてスポットライトを当てさせたわけである。

最後に、烏石港へも足を運んでみた。
晴れていれば徒歩で行く予定であったが、終日、雨天で靴の中もグショグショであったので、駅前からタクシーに乗る。往復で、180ドルであった(片道 5分)。

頭城鎮 頭城鎮

上写真は、現在の烏石港の船着き場。かつての海岸線はもっと内陸側にあった。

頭城鎮 頭城鎮

上写真は、烏石港の交差点に残されていた、トーチカ跡。戦中、日本軍は海岸線にこのような防衛網を数多く設置していたものと推察できる。


  交通アクセス(宜蘭駅、そして台北駅へ)

 夕方の17:20、頭城駅発の準急列車に乗車した。32ドル(全席指定)。17:40過ぎに 宜蘭駅に到着した。
 そもそも在来線は一時間に1本程度で、その間に準急が1本走るという時刻表の下、1本乗り遅れると、30分~60分近くも待たされることになる。この本数の少なさには苦労した。
 そのまま宜蘭駅のチケット窓口で、台北行きの特急券を購入した(18:15発)。212ドル。宜蘭駅発車後、松山駅、そして 台北駅に停車して、19:39に到着した。


頭城鎮 頭城鎮




 頭城鎮の歴史

宜蘭エリア一帯は、かつて「Kap-á-lān(卡巴蘭)」もしくは「Kat-má-lán(噶瑪蘭)」(福建省方面の閩南語の発音)と呼称されており、蛤仔鴨や作葛雅蘭、蛤仔蘭、甲子蘭などと当て字されていた。もともとは平埔族系のタイヤル族(泰雅族)らが跋扈する地域であった。
数千年前より蘭陽平原を拠点として生息してきた彼らを、漢民族らは生番、野番、もしくは山番などと蔑称してきた。


 タイヤル族(泰雅族)
 現在、その人口は約8万人余り、主に中央山脈、雪山山脈の標高500m~2,500mの広大な地域に分布している。
 祖霊Ufuxを崇拝し、祖訓Gaga(共同体の共通ルール)を遵守するという伝統信仰を継承する。


頭城鎮



一方で、後に東南アジア方面から海を渡って移住した人々はカバラン人(もしくは熟番、化番、土番など)と蔑称された。


 カバラン族(噶瑪蘭族)
 清代に、計36社の集落が確認されており、その人口は1200人余りで、蘭陽平原で最も早くに現れた
 原住部族とされる。階級制度はなく、女性が祭司を司る母系社会である。
 春、夏期、噶瑪蘭族の男たちはトビウオの漁獲や豊作を祝うために、海辺に集まり海祭を行う。2002年まで、
 阿美族に含まれてきたが、独立系の原住民として認知された。古くから平原生活を営んできた。


頭城鎮


頭城鎮

カバラン族の歴史に関し、最も古い記録は、1632年に遡る。
曰く、
『1632年、スペイン人が乗り込む船舶が台風に遭遇し、「Kap-á-lān(卡巴蘭、カバラン)」の港に漂着する。このとき、船員 50人が無断で原住民の土地に上陸したので、攻撃を食らうこととなった。これに対し、スペイン人とフィリピン人船員らは上陸して反撃し、原住民の部落を7箇所焼き払い、彼らのうち 12名を殺害した。

以降、蘇澳港より北側の海岸線一帯を「聖塔.卡塔利那」(Santa Catalina)、蘇澳港とその南側エリアは「聖.羅連索」(San Lorenzo)と命名した』という。
頭城鎮

オランダが台湾島の南部を占領して、植民地統治を開始した頃、フィリピンのルソン島を拠点としていたスペイン勢力も台湾島への進出を目論み、1626年、台湾島北部の鶏籠(現在の 基隆市)を占拠する。続いて、西に滬尾(現在の 淡水区)、南の「カバラン(噶瑪蘭)」(今の蘭陽平野)への勢力拡張を模索している最中の出来事であった。最終的にスペイン勢力は1642年、オランダにより攻撃され、放逐されることとなる。
以後、オランダ占領下の台湾にあって、蛤仔難(今の蘭陽平野)は未開拓のまま放置される。

鄭氏政権、清朝の統治時代初期もそのまま手つかず状態で放置されていた中、 1768年、漢民族の林漢生がカバラン(噶瑪蘭)平野を探索中に、現住民らに殺害されている。

1776年、林元旻が烏石港の北側の内陸河川を上流に向かって侵入し、原住民の集落地の一つであった淇武蘭地区を占領する。これが宜蘭平原における、最も古い漢民族の入植地となるも、すぐに撤収してしまったようである。

頭城鎮

1796年に漳州唐山出身の呉沙が出身地の 漳州泉州 から一族と流民ら1000名余りを引き連れて台湾島へ移住すると、台湾島出身の200人余りの移民をも糾合して、淡水 エリアから川をさかのぼり、草嶺古道(上地図参照)を通って、蘭陽平原の北端にたどり着き、火器をつかってカバラン族との抗争を圧倒的優位の下に制し、土地の開墾に乗り出す。
まずは烏石港付近の辛仔罕の3集落地を占領して、後圖と改名し、破竹の勢いで南に隣接する頭圍地区まで進出したのであった。

その最初の大規模な集落地となったのが現在の頭城鎮エリアで、もともとは原住民らの集落があったものを占領した形であった。
長い砂浜が延々と続く蘭陽平原にあって、唯一、すぐ背後に迫る山脈の延長で、複雑な海岸線の地形が残されていた烏石港は、古くから原住民らの漁港を兼ねていたことが推察される。彼らも内陸河川(一部の内陸河川跡は現在でも道路脇に池として存在する)をつたって頭城鎮エリアに集落を築いていたのであろう。

頭城鎮

この平原随一の良港が漢人らに占領されるところから、蘭陽平野の開拓史がスタートする。

その海岸港は、烏石港と命名され、以後、平野部に網の目のように連なった内陸水脈(湿地帯、河川、池や沼を含む)の起点として最重要拠点となっていく。その内陸水脈の第一の集落地が頭城鎮の旧市街地で、当初、最初に開設された漢人による本格的な入植地ということで、「頭圖」「頭城」と呼称された。
以後、漢民族の集落地は平原エリアの南側へと拡大していき、それぞれ二圖、三圖、四圖、五圖と命名されることとなる。
1812年、この五圍(現在の 宜蘭市の旧市街地)の集落地に噶瑪蘭(カバラン)庁署が開設され、蘭陽平原の政治、経済、文化の中心都市として発展することとなる。

頭城鎮

戦後に草嶺トンネルが開通するまで、長い間、蘭陽平野へのアクセスは海路に限られており、その唯一の貿易港が烏石港であった。

清代においては、海路の物資を烏石港で陸揚げし、内陸エリアの他の集落地へ分配する際に、最初の集落地の頭圖鎮のネットワークで蘭陽平野全体に物資が流通されていたものと推察される。そのため、宜蘭庁城が開設されても、その商人ネットワークは継承され、引き続き、頭圖鎮が物流本部として君臨し続けることができたと考えられる。

頭城鎮

こうした経済都市「頭圖鎮」も、祠廟を兼ねた北門と南門を設置するものの、城郭の築城は最後まで許可されず、商人や住民たちは土壁による簡単な囲いを保持するだけが精いっぱいであった。

宜蘭平原を占領した漢民族らは、原野や森林を開拓して農地化を進め、平埔族らはその生活の基盤であった狩場を喪失していき、伝統的な生活スタイルに変容を迫られ、大部分は漢民族に同化する道を選ぶこととなる。
わずかに少数の派閥が、同じ原住民系ルーツを持つ阿美族のテリトリーへと庇護を求めて南下していった。

しかし、漢民族の方でも、その南下の過程で、原住民らとの抗争や疫病、天災などで多くの人命が失われている。これを慰霊する祭礼として、今日でも継承されている槍孤祭が毎年旧暦7月末に催されているという。

頭城鎮

宜蘭平原はだだっ広い砂浜が永遠と続く場所で、大きな船が陸付けするには困難な土地柄であった。こうしたことから、最初に開港された烏石港が海路からの陸揚げ港として機能し続け、小分けされた荷物は内陸河川を使って、頭圍(現在の頭城鎮の旧市街地)を通過し、さらに内陸各地へと小舟で運搬されていったわけである。

こうして内陸港湾都市として機能した頭圍は、たくさんの物資の集積所として大商人らが軒を連ねる商業都市として君臨することなったわけであるが、ついに城壁を備えた城郭都市になることもなく、入植期の土壁で防御を固めた程度の集落地レベルから脱せず、今日に至ることとなったのだった。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us