『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


四川省広安市 ~ 人口 470万人、 一人当たり GDP 26,000 元


 ➠➠➠ 広安市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  始安県城
  漢初県城
  恒升古城



【 広安市の歴史 】

この街を、何よりも有名にさせているのは、鄧小平の生家がある、ということであろう。彼の実家は、もともと地元で裕福な客家系の地主であったらしい。 16歳までこの地で過ごし、その年にフランス留学する。第一次大戦直後のフランスではあまり教育を受ける機会を得ず、主に生活費のためアルバイト中心の生活となっていたようである。フランスに渡って2年後の1922年、中国少年共産党に入党する。そして次第に頭角を現し、 3年度後の1925年、中国共産党ヨーロッパ支部の指導者となった。翌年、フランス政府より国外退去を命ぜられ、モスクワヘ移住。さらに翌年の21歳の時、中国に帰国し、ゲリラ活動に没頭していく。
ちなみに、鄧小平はこの16歳で故郷を出て以後、地元には一度も戻っていない、ということだ。

広安市


さて、広安市の歴史であるが、大河の渠江沿いの交易都市を成していたようである。

最初、梁州に帰属し、殷王朝時代には雍州、周王朝時代には、武王が派遣した王族傍系による巴子国の建国にともない、これに属する。紀元前316年、秦の恵文王が張儀、司馬錯らを派遣し、巴蜀両国を滅ぼす。その際、蜀郡と巴郡が設置され、今の重慶市である江州を郡都とする巴郡の管轄下して広安市は編成されることとなった。
ただし、これらの時代も含め、行政の中心地としての役割は一切、設置されていないようで、前漢時代に新設された宕渠郡の管轄下となるも、その郡役所は、宕渠、すなわち現在の達州市渠県の東北部に設置されていた。
三国時代の蜀統治下でも、宕渠郡とその郡都の宕渠は存続されていた。
かつての広安市域は、あくまでも渠江沿いの辺境の一集落としての位置づけであったらしい。

そして、三国時代から200年後、中国南北朝時代の南斉王朝下の479年、墊江より北側一帯を漢初県として別の行政区が立ち上げられた(県役所は、現在の武勝県に設置)。さらに、40年後の南朝梁の時代の522年、前漢より続いた宕渠県が廃止され、始安県が設置され、ここに現在の広安市が行政都市として歴史に登場することになった。その後も、度々、所属行政区が目まぐるしく変更されていくことになる。唐の時代、一時的に、恒升古城寨という、現在の広安区恒昇鎮古城村に県役所が移設されたこともある。宋の時代に、初めてこの地を「広安」と名づけられる。以後も、度重なる所属地や地名の変更が繰り返されていく。

広安市>

広安市のかつての城壁は、すべて撤去されてしまっている。

しかし、かつての城郭都市の様子は、今に残る路地名から、だいたいの規模や位置関係を推察することができる。城墙街、北街、小東街、大東街、東門街、学街、新南街、水塘堡街など。

広安市は、水資源が豊富で、水力発発電のためのダムが数多く設置されていた。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us