『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


江西省景徳鎮市 ~ 人口 171万人、 一人当たり GDP 41,000 元


 ➠➠➠ 景徳鎮市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  浮梁県城(新平県城、浮梁州城)
  景徳鎮(新平鎮、昌南鎮)



【 景徳鎮市の歴史 】

景徳鎮市一帯は春秋時代には楚の国の東端にあり、戦国時代には完全に楚領下に組み込まれていた。
紀元前221年に中原の統一を成し遂げた秦朝の治世下では九江郡番県の管轄区に属し、漢代には豫章郡鄱陽県に、 東晋時代には新平鎮に帰属した。 なお、後漢時代より、この地方で陶器製造が始まったとされている。

時は下って、唐代の621年、新平県が新設され、新平鎮はここの管轄下に置かれた。昌江の河岸南にあったので、昌南鎮とも別称されたという。
新平県の県役所は新昌江口(旧称、新昌県)に開設された。742年、新平県が浮梁県へと改称される。現在の景徳鎮市を含んだ昌南鎮は、 引き続き、浮梁県の管轄下に属した。
このころ、昌南鎮から算出される土壌が非常に良質であるということもあり、南方の青色陶磁器の精製技術と、 北方地方の白色陶磁器の精製技術を混ぜ合わせて、青色と白色の混在する陶磁器の製造が手がけられるようになる。 青白陶磁器は以後、欧州へ大量に輸出されていくこととなった。

昌南鎮で精製される青白陶磁器の質が非常によく、宋代の1004年、これを愛でた時の皇帝は当時の年号から命名して、景徳鎮へと改名する。これが今日まで 継承される名称となった。
18世紀に入るまで、欧州では陶磁器を精製することができず、中国産の陶磁器、特に色合い豊かな昌南鎮産の陶磁器が人気を博すこととなる。
欧州では陶磁器は高価な貴重品として取り扱われ、「昌南(Channan)」製の陶磁器ということで、Chinaという一地方の 名称が中国自体を指す総称へと変貌し、ついに陶磁器の国=China=中国という固有名称が確立していったとされている。

景徳鎮市

元代においても、この地方の陶磁器産業が盛んで、浮梁県は一時期、浮梁州へ昇格されるまでになる。
明代には浮梁州が浮梁県へと降格され、以後、景徳鎮は県級エリアとして近代まで継承されていくこととなる。

しかし、清代中期以降、陶磁器生産は衰退の一途をたどり、技術者の数も激減していったという。 アヘン戦争以後は、安価な欧州産の商品が大量流入し、陶磁器産業の壊滅にとどめを刺した。

中華民国が建国された後の1916年、浮梁県の県役所が旧城壁都市(今の浮梁県)から景徳鎮へ移転される。 1927~1929年に、景徳鎮が一度、景徳市へと昇格される。中華民国時代から日中戦争時代の激動の時代に、 景徳鎮がこのエリアの政治、経済、軍事の中心都市として発展を遂げ、共産党中国の建国後に景徳鎮市の開設へつながることになる。

景徳鎮市

なお、現在の景徳鎮市中心部(珠山区)であるが、 小さな鎮城レベルのものが昌江沿いにあったものと推察される。ちょうど、蓮花塘と昌江の間部分が 旧市街地にあたる。今日では全く跡形も残されていない。珠山中路上に南門口頭という名称のバス停があるが、 これが唯一の名残と言える。

しかし、この中心部から北へ7kmのところにある浮梁県の旧市街地には、浮梁県城跡が保存され、 観光地として整備されている(上写真)。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us