『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:20--年-月-旬 『大陸西遊記』~


山東省濰坊市 ~ 人口 930万人、 一人当たり GDP 58,000 元


 ➠➠➠ 濰坊市内の城跡リスト ➠➠➠  クリック

  諸城県城(諸邑城、諸県城)
  益都県城(益都路城、青州府城)
  【2代目】臨淄県城
  平昌県城
  横県城
  昌県城
  石泉県城
  東武県城(【2代目】琅琊郡城、城陽郡城、【2代目】東武郡城、【2代目】高密郡城、密州城、【2代目】諸城県、防御州城、安化軍節度)
  昌安県城(平昌郡城)
  平寿県城(北海国の王都跡)
  高密県城(【初代】高密郡城、高密国の王都跡)
  姑幕県城(【初代】東武郡城)
  扶淇県城
  膠西県城
  淳于県城



【 濰坊市の歴史 】

夏王朝、そして商(殷)王朝の時代、濰坊市エリアには斟灌国、斟鄩国、寒国、三寿国などの封国が割拠した。
武王が商(殷)王朝を滅ぼし、西周王朝を建国すると、翌紀元前1045年、その軍師役であった呂尚(太公望、斉太公、姜太公)を斉の地に封じる。呂尚はその王都を営丘(今の山東省淄博市臨淄区)に開設する。これが春秋戦国時代の七雄の一角を占める斉国の誕生となる。

春秋時代期、濰坊市の一帯は斉国、魯国、杞国、莒国などに分かれて統括された。
紀元前665年冬、魯国により、石屋山(今の廟山)の北東部で、濰河の南側一帯(今の濰坊市諸城市枳溝鎮喬庄)に諸邑城が築城される。

濰坊市

戦国時代期、市域の大部分は斉国に帰属されるも、南部エリア(今の諸城市や山東省日照市五蓮県の一帯)は魯国の版図下に組み込まれた。上地図。

紀元前249年、魯国が楚国に滅ぼされると、その領土は楚に組み込まれる。現在の濰坊市諸城市内にあった斉の長城より北側は、引き続き、斉国の版図下に置かれた。下地図。

濰坊市

秦朝が中原を統一すると、濰坊市一帯は膠東郡、臨淄郡、琅琊郡の3郡に分かれて管轄される。

その秦朝も紀元前206年に滅亡すると、翌205年より楚漢戦争が勃発する。
漢軍の先鋒隊を率いた韓信は瞬く間に趙国を撃破し、斉国領へ侵入後、同国の要衝・歴下城、続いて王都・臨淄城を陥落させる。斉王の田広は、要害であった高密城へ逃亡し、同時に使者を遣わして項羽に救援を要請する(下地図)。
韓信軍は、高密城を取り囲むも、楚の援軍(龍且ら)が到着したため、嚢沙の計(濰水の流れを利用した水攻め)でこれをせん滅する。田広は高密城から脱出を図るも、韓信軍に捕縛され、処刑される。直後、韓信は斉国の統治のため、斉王に就任することとなる。下地図。

濰坊市

前漢時代、濰坊市エリアは、北海郡、琅琊郡、斉郡の3郡と、甾川国、高密国、膠東国の3国に分かれて管轄された。当時、市域には53もの県城が設置されていた。下地図。
戦国時代に新設された諸邑が、諸県へ昇格されたのも、この前漢初期の頃である。あわせて、平昌県、横県、昌県、石泉県、東武県(県内の東武山より命名)、淳于県(今の濰坊市安丘市黄旗堡鎮杞東村)などが新設された。

第7代皇帝の武帝の治世下の紀元前106年、琅琊郡(徐州に帰属)の郡役所が琅邪県城(今の山東省青島市黄島区琅邪台の北西部)から東武県城(今の濰坊市諸城市の中心部)へ移転される。下地図。

濰坊市

後漢時代、濰坊市域には北海国(平昌県などを統括)、楽安国、斉国、琅琊国(80年に琅琊郡から改編。王都は開陽県城【今の山東省臨沂市の中心部】へ移転。東武県、諸県などを統括)の4国と青州、そして徐州の2州に統括される。上地図。
同時期、横県、昌県、石泉県が廃止される。

後漢末期の192年、兗州長官に就任した直後の曹操に、山東省(青州)一帯に跋扈する黄巾賊討伐の勅令が下る。すぐに曹操自身も北海国下の淳于県城(今の山東省濰坊市安丘市黄旗堡鎮杞東村。前漢初期に新設され、北斉時代の556年に廃城となる)まで進軍する一方で、夏侯淵や張遼、徐晃、臧覇などの諸将が分担して平定戦を展開し、黄巾軍の兵士30万人、住民ら100万人を降伏させ、自領の兗州へ強制移住させている(「青州兵」の誕生)。
この当時、朝廷から孔融が青州長官として派遣されていたが、自力では強力な黄巾軍を征伐することが叶わなかった。
曹操軍の撤退後、孔融が引き続き、青州に駐在するも、間もなく公孫瓚が田楷を、袁紹が長男の袁譚を青州長官として勝手に派遣し、両者の間で争奪戦が繰り広げられる。最終的に、孔融と田楷は追放され、青州一帯は袁譚の勢力基盤となる。下地図。

濰坊市

202年に袁紹が病死すると、袁譚と弟の袁尚との間で骨肉の争いが勃発し、袁尚が連勝すると、青州内の諸県は皆、袁尚側に寝返ってしまう。最終的に、袁譚を利用しつつ袁尚との戦いを有利に進めていた曹操により、袁譚も捕縛、処刑されるに至る(205年)。こうして青州は完全に曹操の勢力圏に組み込まれることとなる。

曹魏の治世時代、琅琊国は琅琊郡へ戻され、あわせて、城陽郡(郡都は東武県城)と平昌郡(郡都は昌安県城)が新設される。諸県はそのまま琅琊郡に、平昌県は平昌郡に帰属された。
濰坊市のその他のエリアは、北海国と斉国の2国、楽安郡、東莞郡に分かれて管轄された。この当時、市域内には20の県城が存在していた。

226年に魏の第3代皇帝として曹睿(明帝)が即位すると、異母兄弟の曹蕤(曹丕の子)が陽平県王に封じられる。後の232年、曹蕤は北海王へ昇格される。このとき、北海王国の王都は平寿県城(今の濰坊市濰城区西関大街の一帯)に開設された。翌233年に曹蕤が死去すると、北海国は北海郡へ再降格される。下地図。

濰坊市

西晋朝初期の270年、東武県、諸県、平昌県の3県は城陽郡(郡都は莒県城【今の山東省日照市莒県】)に帰属された。
289年には、東武県と諸県が東莞郡(郡都は東莞県城)へ移籍される。300年に城陽郡が廃止されると、平昌県は青州下の高密国(現在の濰坊市高密市に南西部)に転入される。


南朝の劉宋朝の時代、東武県と平昌県は平昌郡へ移転される(青州に帰属)。一方、諸県は東莞郡に帰属した(徐州)。

北魏朝の治世時代(500年)、東武郡が新設される。郡都は姑幕県城(今の濰坊市安丘市石埠子村)に開設された。
529年、青州から膠州が分離・新設されると、東武郡(郡都は姑幕県城)と高密郡(郡都は高密県城【現在の濰坊市高密市に南西部】)の2郡を統括した。同年に東武県(今の濰坊市諸城市の中心部)の南部が分離され、扶淇県が新設されると、そのまま東武郡に帰属された。下地図。

濰坊市

北斉時代、東武郡が廃止され、高密郡の郡役所が姑幕県城(今の濰坊市安丘市石埠子村)から東武県城へ移転される。同時に、諸県、平昌県、扶淇県が廃止され、東武県に吸収合併される。上地図。

300年ぶりに南北朝時代を統一した隋代の583年、高密郡が廃止される。 585年に膠州が密州(州都は東武県城)へ改称される。598年に東武県が諸城県へ改称される(県城の南西15kmにある漢代の旧諸県城から命名)。諸城県はそのまま密州の州都を兼務した。
607年に、密州が高密郡へ改編されるも、引き続き、諸城県が郡都として君臨した。下地図。
現在の濰坊市エリアの北部は、そのまま北海郡に帰属された。

濰坊市

唐代の622年、高密郡が密州へ戻される。以後、市域の北部は青州に、南部は密州に統括された。この行政区は、五代十国時代にも踏襲される。

北宋時代、市域は京東東路下の青州、濰州、密州の3州に帰属される(下地図)。 960年に密州は防御州へ改称され、972年に一時期、密州が安化軍節度へ昇格される(同年中にも防御州へ再降格)。最終的に、973年に再び、安化軍節度(京東東路に帰属)へ昇格される。

金代には、濰坊市エリアは山東東路下の益都府、及び濰州と密州(州都は諸城県城。後に、安化軍へ改編される)の2州に属した。

濰坊市

元代、濰坊市一帯は益都路総管府に統括される(中書省山東東西道宣慰司下に帰属)。この下にあって、諸城県は引き続き、密州の州都を兼務し続けた。

1266年、臨淄県(今の濰坊市青州市の北関街の付近)が廃止され、益都県(今の濰坊市青州市の中心部の南陽河の南岸)に吸収合併される(1278年に復活設置)。そのまま益都路(中心都市は益都県城)に帰属された。

明代初期の1368年、益都路が青州府へ改編される。また、翌1369年には密州が廃止される。
以後、現在の濰坊市一帯は、濰州、莒州、膠州の3州と、益都県(青州府の府都を兼務。下絵図)、臨淄県、博興県、寿光県、昌楽県、臨朐県、安丘県、諸城県、蒙陰県、沂水県、日照県、昌邑県、高密県、即墨県、高苑県、楽安県(広饒県)の16県を統括した。1376年に莱州府(府都は掖県城【今の山東省煙台市莱州市掖県東街】)が正式に新設されると、濰州、膠州の2州都と、高密県、昌邑県、即墨県の3県が移籍される。
青州府と莱州府はともに、山東承宣布政使司に帰属した。

濰坊市

清代に入ると、そのまま明代の行政区が踏襲され、青州府下には益都県(今の濰坊市青州市の中心部の南陽河の南岸。上絵図)、臨淄県、博興県、高苑県、楽安県、寿光県、臨朐県、安丘県、昌楽県、諸城県(1369年に密州は廃止)、沂水県、日照県、蒙陰県などの13県と、安東衛と沂州を統括した。

1734年、沂州府が新設されると、青州府下の沂水県と日照県(今の山東省日照市の中心部)、蒙陰県(今の山東省臨沂市蒙陰県)、安東衛(今の山東省日照市嵐山区の繡針河の河口部分)が移籍される。下地図。
また同年、益都県下の顔神鎮と孝婦郷、懐徳郷が分離されて、博山県(今の山東省淄博市博山県)が新設される。

以後、当地は青州府(11県を統括)、莱州府、沂州府の3府に属された(山東省)。下地図。

濰坊市

中華民国時代に入ると、濰坊市エリアにあった濰県、昌邑県、高密県、益都県、寿光県、昌楽県、臨朐県、安丘県、諸城県の9県はすべて膠東道(道都は今の山東省煙台市に開設)に帰属された。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us