『大陸西遊記』ホーム 中国王朝年表

訪問日:2014年6月中旬


台湾 台北市 ~ 域内人口 270万人、一人当たり GDP 22,000 USD


 ➠➠➠ 見どころリスト ➠➠➠  クリック

  台北古城
  台北城 城隍廟
  中山祈念堂と台湾府の府役所跡
  二二八平和公園と防空壕跡
  日清戦争直後の台湾独立運動と日本軍の上陸
  台湾総督府と台湾銀行
  国民統治時代の戒厳令とデモ鎮圧事件
  台湾最大の海運会社 Evergreen社(長栄有限公司)の本社ビル
  南門エリア
  北門と城壁、外濠の構造
  北門エリア
  西門町 ~ 台北の「原宿」「秋葉原」エリア
  台北古城の歴史



台北古城 は1882年に着工され、1884年に完成した清朝最後の城郭都市である。当時、中国沿岸に迫りくる日本や欧米勢力から、台湾島を防衛する目的で築城された。

しかし、 日清戦争を経て、1895年に台湾島自体が日本に割譲されると、その植民地政策が進む中で1900年、城壁の一部が撤去され、市街地の拡大が進むようになる。
この一環で、台北城内になった城隍廟も城外へ移転される。下地図は日本植民地下の台北市地図と城郭都市時代のそれとを合成したものである。 日本の支配下にあって、城隍廟は台北駅の北側の淡水河沿いに移築されていることが分かる。かつては、城内の「淡水県署」と記されている位置にあった(今日、同じ場所「武昌街 1段14号」に再移転されている、下写真)。

台北市 台北市 台北市

1904年に入ると、本格的な城壁撤去作業が進められ、北門(承恩門)、東門(景福門)、南門(麗正門)、小南門(重熙門)を残し、西門(宝成門)とすべての城壁が除去されてしまう。

台北市

古城時代、西門側は淡水河との間に湿地帯が広がっていたようで、防衛上に有利とあってか、この西門近くの北面側に、当時の行政府が配されていた。今の中山祈念堂(下写真の左)付近である。抗日戦争記念碑もあった。下写真中央は、1954年に総統第二期目に就任した蒋介石らの宣誓式典の様子である。

ちなみに下写真右は、梅屋敷(かつての最高級ホテル)に投宿している孫文の様子。孫文は、台北に3度(1900年、1913年、1918年)、足を踏み入れているが、その二度目の滞在時にこの梅屋敷ホテルに泊まった。 梅屋敷ホテル跡は、現在、台北駅の東隣に建物ごと移築・保存されている。

台北市 台北市 台北市

ちなみに、下写真左は、国立国父記念館である。台北101ビルにも近く、絶好の写真スポットとなっていた。また、この記念館の正面入り口には、巨大な孫文像があり、その前には常に衛兵が立って護衛している。下写真中央は、毎時ちょうどにある、その衛兵交代式の様子。

台北市 台北市 台北市

日清戦争後の 1895年6月7日、新たに台湾統治者となった日本軍が 台湾古城の北門より入城してくる(上写真右)以前、当時の古城地図に目を戻すと、現在の台湾博物館の付近は、かつて学校(書院)や大天后宮という大きな寺廟があったエリアだった。

また、この博物館が建つニニ八和平公園内には、かつて使われていた石製の農機具、生活用品などが展示されていた(下写真左)。古来からの石材文化の知恵の凝縮である。
また、その向かいには戦争中の防空壕が残されていた。中央に煙突が見える(下写真中央)。下写真右は、防空壕の断面図。

台北市 台北市 台北市

ちなみに、台湾 は日清戦争の直後、日本の進駐に反対し、唐景崧(下写真左, 1841~1903)を大統領とする台湾民主国が独立を宣言するが、日本軍の台湾上陸により、彼は大陸中国へ亡命してしまう。当時、既に 淡水港(下写真中央)から他のアジア地域へ定期航路が開通していた。その海路便は、貿易商社のダグラス社が独占しており、蒸気船を運行していたという。台湾からの輸出品の中でも、台湾烏龍茶が有名であったらしい(下写真右)。

清朝敗北と官僚らの大陸逃亡により、空白となった台湾島全体の治安は悪化しており、特に既得権益層や資産家、欧米企業家層にとっては、早期の治安回復を望む機運が高まっていた背景もあり、当時の台北古城の市民らによって日本軍到着は歓迎されたようである。緊迫度を増す当時の人々は、統治者が誰であるかよりも、政治と経済の安定を第一に考えたわけである。

台北市 台北市 台北市

日本軍の入城後、近代都市計画 が策定され、台北古城全体の大改変が実施されていくことになる。下の写真は、日本統治時代の発券銀行であった台湾銀行と、現在の同地最大の商業銀行となった台湾銀行本店の姿。ちなみに、この正面通りの名は、「重慶路」。同じ並びにある台湾総督府など政治・経済の中心地ということもあり、この地に避難してきた国民党勢力は、その最後の栄光の地であった本土拠点の 重慶を、最重要道路名として採用したのであろう。

台北市 台北市

下写真左は、日本統治時代から使用されている台湾総督府(現在の中華民国総統府)本庁舎である。下写真右は、外側から見た東門と総督府の遠景。正面に大通り「ケタガラン通り(凱達格蘭大道=原住民族名の一つから命名されている)」が走る。

台北市 台北市

この旧台湾総督府(現在の中華民国総督府)の建物は、3日前までに予約しないと入館できない。午前9:30~11:30のみ、予約者に対して入館ガイド付きのツアーがあるらしい。また、この周辺には、国衛大学、国防庁などがあった。総督府周辺を警備する職員らが夏のさわやかなシャツを着ていたので、初めはボランティアの人かと思ったが、しっかりイヤフォンとマイクを付け、制服組と連携していたので、それなりの専門SP部隊の人たちだった。


総督府の正面にあるニニ八和平公園内に、228記念館 が建つ。

第二次大戦後に日本軍撤退を受けて、台湾市民は中国復帰を歓迎したのも束の間、中国国民党の進駐軍の政治は腐敗の巣窟となり、食料やたばこなどが政府管理下に置かれて、人々の生活は困窮の一途をたどった。そんな中、1947年2月27日、違法タバコ売りの露天商の女性に警官が暴力をふるい、この騒動に巻き込まれて通行人が発砲によって落命したことを受け、翌日、台北市の北側より群衆がデモ行進を開始する(下写真地図)。
当局は発砲によって鎮圧を試み、約10人のデモ参加者が死亡する。台北ラジオ局はこのデモ運動をいち早く台湾全土に報道し、この反政府抗議デモは台湾全土へと波及する。このラジオ局の活躍を記念すべく、同放送局の元本部建物を 228博物館としたようである。

台北市


さて、先に触れた、台湾総督府の正面通りを形成する 東門跡 であるが、この城外すぐの場所に、台湾が誇る大海運会社、Evergreen社(長栄有限公司)の本社および、これが運営する海事博物館(入場料200ドル)がある。まさに総督府と面と向かって建つ、そのビルの威風は、台湾経済を海から支えた実績を誇示するに十分な立地と外観であった。

台北市 台北市 台北市

また、東門をさらに外側へ向かって移動すると、大きな商業地域が広がる。古くからの市街地があった場所で、ノスタルジーあふれる「東門市場(伝統的な海鮮物市場)」を見るにつけ、台北古城が郊外へと拡大される過程で形成された庶民の生活パワーを感じるに十分であった(下写真左)。
下写真右は、その道中にある国立中正記念堂。この異様な巨大さには目を見張った。

台北市 台北市

再び、東門へ戻り、南門側へ移動してみる(下写真左、中央)。かつて城壁があった直線箇所は、今では大通りとなっており、特に、南側城壁の部分では、かつて城壁が築かれていた箇所が道路と並行して緑地化されており、しっかりと古の記憶が刻まれていた(下写真右)。

また、それぞれの城門跡には左右に城壁が通っていたわけであり、それぞれの城門楼閣の側面には、かつて城壁が設置されていたであろう高さが推察される壁面が残され、色が異なっている。

台北市 台北市 台北市

下写真は、日本軍入城直後の台北古城の城壁の様子。城壁の高さは人の背丈の 3倍以上あったことが分かる。

台北市 台北市

なお、北門側 と南門側を含み、城壁の外周には小さな外濠が掘削されていた。西側は巨大な淡水河とそれに続く湿地帯があったが、やはり外濠が設けられていたようである。


下は北東側から見た、北門、西門一帯図である。

台北市

下写真左は、北門における城壁面跡の様子。城壁面が接続されたいた跡がくっきり分かる。

下写真右は、かつて北側城壁下に埋め込まれていた杭や枕木たち。北面の外濠の水は、一部、城内にも流れ込むように、地下水路が設置されており、杭や枕木の間をすり抜ける構造で、水が流れるように設計されていたようである。台北駅の地下街に保存されている(三越デパートの地下付近)。

台北市 台北市

なお、台北古城では北門のみ、甕城を持つ構造であった。今日現在、その甕城部分の城壁の台座跡がはっきりと明示されていた。実際に、その場所に立ってみると、ちょうど10畳ぐらいの広さの空間が北正門との間に設けられていたことが分かる(下写真右)。

台北市 台北市
台北市 台北市


また西門の 外側、かつて淡水河と城壁に挟まれた湿地地帯が広がっていたエリアは、今、台湾の「秋葉原」「原宿」と言われる若者街である。ここにワンピース専門店があった(下写真左)。台湾専用グッズが売られている、ということで買い物を頼まれていたので、寄ってみた。
この他、周辺には映画館、アニメグッズ店、格安料理屋などなどが並び、色鮮やかな街並みであった。

台北市 台北市

それにしても、台湾は世界で一番、都市交通網が発達し、その値段も格段にお安い国だと思う。旅行者には天国のような場所だ!台湾内の他の都市や観光地へも気軽にアクセスできる。

台北駅前バスターミナルからは桃園空港行きのバスが、10分に一本あり。片道 125ドル。当日、その場で購入し、そのまま乗車するスタイル。前日での前買いは不可と言われた。
上写真右は、台北桃園空港の搭乗ゲート付近にあった図書館スペース。不要書籍などを乗客たちが置いていき、また別の人が空き時間に読める仕組みになっており、ユニークな施設だった。日本語の本もあった。


  交通アクセス

 桃園空港の空港バス乗り場から、台北鉄道駅まで、125ドル(所要時間 60分弱)。
 10~20分に一本運行(深夜 24:30~6:00までは、1時間に一本)。

 台北駅発からの戻りチケットも含めて、往復で購入すると 230ドルで済む。



台北古城の歴史

清代初期の1684年、鄭氏台湾の降伏を受け、台湾島を併合した清朝は、現在の 台南市 に台湾府を開設し、福建省に帰属させる。
そのまま時は過ぎ、清朝末期のころには台湾島周辺で欧州や日本の侵入が目立つようになり、その防衛強化が図られ、台湾島は1875年に台湾府(今の台南市)と台北府(一時は、現在の 台中市 に開設されていたが、1878年に今の台北市へ移転)の 2府体制が導入される。

翌1879年1月、この台北府城の防衛と、フランスとの関係悪化(清仏戦争:1884~1885年)の真っただ中だった軍事的必要性が重なり、当時、台北府長官だった陳星聚(河南省漯河市臨潁県の出身)により台北府城の築城が建議される。
1875~1882年まで福建巡撫として福建省と台湾を統括していた、岑毓英の全面的なバックアップも得ることとなった。

本格的な作業は 1882年3月に開始され、当時は水田と沼沢地帯だった一帯の埋め立てに始まり、 1884年、3年3カ月を費やしての築城工事が完成を見る。

台北市 台北市

その城域は東西それぞれ 1,250 m、南面 1,040 m、北面 1,035 mで、その周囲の総計は 4,500~4,800 mにもなり(城内面積は 3 km² )、城壁はすべて石積みで建造され、厚さ 3.5 m、高さ 6.1 mを誇った。城壁の上には、軍馬も上がれる構造になっていたという。

また、景福門(東門)、宝成門(西門)、麗正門(南門)、重熙門(小南門)、承恩門(北門)の 5城門と楼閣(建築資材は、直接、福建省の厦門から搬入)が設けられ、城壁外には外濠が掘削されていた。
当時、台北城内は規則正しい碁盤の目状に都市設計された。

1885年、清朝は福建省から台湾省を独立、昇格させ、劉銘伝が台湾省の初代巡撫に任命される。 これ以降、台北城が台湾省の首都とされ、同島の政治、経済、文化の中心地として、以後の地位を確立していくこととなる。

台北市

しかし、台北城が城郭都市であった時間は、実に22年間のみであった。

日清戦争後の1895年、日本により台湾島が割譲される。日本植民地政府の主導により台北市の近代都市設計が進められるにつれ、瞬く間に古城地区が手狭となっていく。最終的に1904年、すべての城壁と西門(宝成門)が撤去されるに至る。このとき、3城門(東門の景福門、北門の承恩門、南門の麗正門)のみが、台北地元市民の意向を受け、残されることとなった。

また、城壁の跡地には大通りが敷設され、それが現在の中山南路(東側の城壁)、愛国西路(南側の城壁)、中華路(西側の城壁)、忠孝西路(北側の城壁)となっているわけである。

破却を免れた 3城門は今日も現存しており、戦後の1966年に台北市政府により小南門(重熙門)が復元されると、以後、4城門が現存することとなる。
ただし、北門はほぼ原形をとどめているが、他の3城門は1960年代に建て替えられたものという。


お問い合わせ


© 2004-2018  Institute of BTG   |HOME|Contact us